Menu
(0)

Search

【ネタバレなし】『アントマン&ワスプ』海外より最速感想到着!「最高」「完璧なコメディ」 ― 『インフィニティ・ウォー』の謎は解けるのか

アントマン&ワスプ
(c) MARVEL/PLANET PHOTOS 写真:ゼータ イメージ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品、映画『アントマン&ワスプ』の試写が米国にて始まった。全世界に衝撃を与えた『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)から一転して、本作は『アントマン』(2015)に続く純然たるコメディ路線。したがって、早くも全編を鑑賞した批評家やメディア関係者からは「楽しかった」との声が相次いで届いている。

そこで本記事では数多ある感想の中から特に読み応えのあるもの、気になるものをピックアップしてお伝えすることにしたい。もちろんネタバレは含んでいないので、しばらく先の日本公開にそなえて、今から期待感を高めていただければ幸いである。

マーベル渾身の続編映画、痛快なコメディに

まずは『アントマン&ワスプ』を心から楽しんだ人々の声を聞いてみよう。おなじみの秘密主義が貫かれている状況だが、その魅力を米国の書き手たちは思い思いの表現で示してくれている。

ブランドン・デイヴィス氏(ComicBook.com)
「『アントマン&ワスプ』はユーモアに秀でていて、VFXが素晴らしく、クリエイティブにサイズを操り、そしてヴィランの扱いが巧み。素晴らしい映画だ。マーベルによる、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』以来最高の続編。エヴァンジェリン・リリーは大好きなヒーローの一人になった。ペイトン・リード(監督)、ホームラン!! とんでもない映画だ!」

スティーヴン・ワインストローブ氏(Collider)
「ペイトン・リードの『アントマン&ワスプ』がすごく楽しかったこと、観客がずっと笑っていたことには誰も驚かないでしょう。マーベル・スタジオはまたしても新たな勝利をつかみました。ケヴィン・ファイギ(マーベル・スタジオ社長)は、ほとんど不可能なことを、さも容易いことのようにやってのけるのです。」

ペリ・ネミロフ氏(Collider)
「マーベル、なんて1年なの…! 『アントマン&ワスプ』はものすごく大好きな映画だった。本当にすばらしい出演者のアンサンブルに、的を射たユーモア(ある場面では笑いで涙が出た!)。テクノロジーがまたしても素晴らしい効果を生んでいる。ユニークでとても楽しいライド・アトラクション。もう一度観るのが楽しみ。」

また前作の存在に目配せしながら、本作のテーマや展開、新キャラクターにも言及するコメントも見受けられる。

サイモン・トンプソン氏(ジャーナリスト)
『アントマン』はお気に入りのマーベル映画。これこそが私の望んでいた続編です。最初から最後まで大笑いでした。たまらなく良かった、楽しかったんです。愉快なのと同じくらいエキサイティングで、うまくできていて、視覚的にも魅力的!」

テリ・シュワルツ氏(IGN)
「『アントマン&ワスプ』を観るのはすごく楽しかった。とってもファニーで、最高に魅力的。非常にパーソナルで(再び)スケールの小さいストーリーだし、明るい家族向けに徹しているんです。エヴァンジェリン・リリーは超カッコいいし、スコットの娘キャシーが場面をかっさらっていく。それから、アリも。」

ジョン・スティーブン・ロカ氏(ColliderVideo)
「ワオ! 『アントマン&ワスプ』は全編楽しい! 愉快で、独創的で、スマートで、最高に魅力的なエネルギーが詰まっています。出演者は完璧、特にエヴァンジェリン・リリー。それから新しいキャラクターも違和感なくなじんでいます。高いハードルでしたが、作品の中心から笑いや大きなハートは決して失われていませんでした。」

もちろん『アントマン』という映画は、あるところで好き嫌いが分かれる作品でもあっただろう。本作についても、「楽しかった」というポジティブな姿勢を示しつつ、諸手を挙げて絶賛するわけではない感想を確認することができる。

ハレイ・フォウチ氏(Collider)
「クレバーで、チャーミングで、ハートがたっぷりある映画。ちょっと説明しすぎな一方で、とっても楽しい。とあるギャグでは笑いすぎて涙が出たし、ポストクレジットシーンはマーベルのベストに余裕で入る。」

エリック・アイゼンバーグ氏(CinemaBlend)
「『アントマン&ワスプ』はマジで楽しい。自己完結型の作品だけど、エネルギーにあふれているし、とてもクールで、独創的なサプライズもたくさん。すごく愉快だし、出演者もみんな最高。楽しかった!」

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の余波

ところで本作について語る上でおそらく外せないのは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』という作品の存在だろう。同作で起きた出来事に、そして『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』に、この映画はどのように繋がるのか(繋がらないのか)。その謎に言及した、ふたつの対照的な感想を確かめてほしい。

デヴィッド・ダニエル氏(ジャーナリスト)
「『アントマン&ワスプ』は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の疑問に答えるか? イエス。(それにすごく笑えるし、キマってる。僕が言えるのはそれだけ。)」

ピーター・シレッタ氏(/Film)
「『アントマン&ワスプ』はすごく楽しい。ほとんどやり過ぎなくらいバカバカしいコメディのシーンは最高で、いかにもコミック的なヴィランの活躍する場面はやや控えめ。小さな/大きな、すばらしいアクションシーンもあります。それからマイケル・ペーニャがまたもや場面をさらっていく。
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で生まれた疑問の答えは期待しないでください。この映画は、ともすれば前作以上に独立した作品なのです。とはいえ、エンドクレジットの途中で帰るのは愚かなこと。(本作の場合)多くのマーベル映画でそうするよりも愚かでしょう。
この映画には驚くべき温かさ、素晴らしいアクション、たくさんの笑いがあります。もし前作が好きなら、この続編には気持ちよく驚かされると思います。」

一体どっちなんだ…!という疑問が深まる一方で、こんなコメントを最後にご紹介しておこう。アベンジャーズやらインフィニティ・ウォーやら、もはやそんなことはどうでもいいのかもしれない…!

レベッカ・セオドア=バション氏(映画・テレビ批評家)
「『アントマン&ワスプ』は、望みを失い、憂鬱だった『インフィニティ・ウォー』の後を追う、ほんっっっとうに完璧なコメディ。エヴァンジェリン・リリー演じるワスプはスゴい。」

映画『アントマン&ワスプ』は2018年8月31日より全国ロードショー

『アントマン&ワスプ』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/antman-wasp.html

Eyecatch Image: MARVEL/PLANET PHOTOS 写真:ゼータ イメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly