『キャプテン・マーベル』予告編公開は「数ヶ月後」 ― マーベル社長が明かす、本撮影は残り2週間

2019年公開『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)に先がけて登場する映画『キャプテン・マーベル(邦題未定、原題:Captain Marvel)』は、今からファンから熱い視線を送られている作品だ。なにせニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソンいわく、本作には『アベンジャーズ』第4作の結末を予想しうる重要なヒントが秘められているようなのである。

米国公開まで約8ヶ月(2018年6月25日現在)、『キャプテン・マーベル』の予告編はいつ公開されるのか。本格的なプロモーションはいつ始まるのか? 『アントマン&ワスプ』の公開を控える、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長に米ComicBook.comが直撃した。すると社長は、もうしばらく我慢が必要であることをほのめかしたのだ。


「(予告編の公開時期は)まだ探っているところです。もう数ヶ月かかると思いますよ。」

すなわち『キャプテン・マーベル』のプロモーションは、『アントマン&ワスプ』の公開とは完全に切り離して行われることになるわけだ。それもそのはず、本作の撮影はまだ終わっていない。監督のライアン・フレック(アンナ・ボーデンと共同)は、カリフォルニアでの撮影を終えてルイジアナへ向かうこと、残り2週間で本撮影が終了することをInstagramにて明かしている。

That’s a wrap on #captainmarvel ca! Off to Louisiana for final 2 weeks. So close….

Ryan Fleckさん(@fleck.ryan)がシェアした投稿 –

『キャプテン・マーベル』のプロモーションについて、ケヴィン社長はいっさい急ぐ気配を見せていない。もちろんスタジオからすれば、本作は『アントマン&ワスプ』につづく“次の映画”だ。「(『キャプテン・マーベル』について)みなさんはすでに必要なぶんだけ知っているんですよ」と断言するあたり、宣伝戦略の余裕を感じられるというものだろう。

「スクラル人やクリー人が出てくる、1990年代が舞台になる、サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)の目が2つある、それからキャロル・ダンバース(キャプテン・マーベル)のオリジン・ストーリーをユニークに語る。私たちは、約2週間で本撮影を終えようというところなんですよ。」

 

なおマーベル・スタジオは、2018年7月に開催される「サンディエゴ・コミコン」においても、例年行っている大規模なパネル・イベントの実施を今年は見送る意向だ。『キャプテン・マーベル』については、秋以降に大きな動きがみられるということだろうか…?

映画『キャプテン・マーベル(邦題未定、原題:Captain Marvel)』は2019年3月8日に米国公開予定

Sources: ComicBook.com, Ryan Fleck

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。