マーベル『アントマン&ワスプ』米国版予告編を徹底解説!セリフからヴィラン、小ネタまで

マーベル・シネマティック・ユニバース作品、映画『アントマン&ワスプ(原題:Ant-Man and the Wasp)』の米国版予告編が公開された。公開直後には日本でもTwitterのトレンド入りを果たすなど、『アントマン』(2015)の続編となる本作への注目度は抜群だ。

THE RIVERでは本映像の公開後に速報記事をお届けしたが、本記事ではさらにディープな部分まで踏み込んでみることにしよう。セリフのひとつひとつ、意味深なカットの意味するものとは……。1分41秒の映像だが、見どころはたくさん用意されている。

注意


この記事には、前作『アントマン』のネタバレが含まれています。

スコット・ラング、再び釈放!ハンク・ピム博士の発明

『アントマン&ワスプ』の予告映像は、スコット・ラング/アントマン(ポール・ラッド)が前回登場した『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)、空港での戦闘を回想するところから始まる。スコットはキャプテン・アメリカの頼みに応じたわけだが、なぜそこにホープ・ヴァン・ダイン(エヴァンジェリン・リリー)、新ヒーローであるワスプの姿がなかったのか……。

「ひとつだけ質問がある。キャップに助けを求められた時、もし頼んでいたら君は来てくれたかな?」
「わからないけど、私がいたら、あなたが捕まることはなかった。」

1980年代に活躍したUKバンド、アダム&ジ・アンツによる楽曲“Ants Invasion(アリたちの侵略)”をアレンジしたものが流れ、場面は変わってスコットの自宅。『シビル・ウォー』で逮捕され、また釈放されたあとのスコットが登場する。彼の脚には追跡装置を付けられ、娘であるキャシーや、ホープとハンク・ピム(マイケル・ダグラス)の姿が映し出されるのだ。「俺がバカなことをしたせいで、最愛の人たちがその対価を払う」。今やホープとハンクも追われる身となっているようだが、まず驚かされるのは、ハンクが自社ビルを丸ごと小さくして持ち運んでしまうところだ。

前作『アントマン』で、ホープの母親でありハンクの妻、ジャネット(本作よりミシェル・ファイファーが演じる)が任務のために量子世界に入り、それから戻ってこられなくなったことが語られていた。しかし同作で、スコットは量子世界に突入し、元の世界に帰ってくることに成功している。むろんハンクが考えるのは、妻ジャネットをなんとか取り戻そうということだった。予告編の38秒目に登場する謎の乗り物は、おそらく量子の世界へ乗り込んでいくためのマシンだとみられる

 

新キャラ登場、激しいカーチェイス

今回の予告映像には、複数の新キャラクターがその顔を見せている。
まず注目したいのは、映像の41秒目に映し出される施設、そこで左腕を白いスーツ姿へと変貌させる人物だ。続いて登場するのは、ローレンス・フィッシュバーン演じるビル・フォスター。本作ではハンク・ピムの元アシスタントという設定だが、コミックではハンクと同様、物体のサイズを変える発明に成功した科学者である。ブラック・ゴリアテ(編注:ブラック・ゴライアスとの別称あり)というヒーローになる展開も用意されているだけに、もしや映画では巨大なローレンス・フィッシュバーンが大暴れする可能性もあるのだろうか。

また市街地で展開されるカーチェイス・シーンでは、おそらくこれもハンクによる発明品だろう、自由に巨大化・縮小できる車がサンフランシスコを自在に駆け抜ける。また“巨大化”といえば、『シビル・ウォー』でお披露目されたジャイアントマンも本作で再び活躍するようだ。怪獣を思わせる海中からの登場だが、船の上でケースらしきものを抱えている男は、もしやウォルトン・ゴギンズ扮するソニー・バーチでは?

映像の56秒目に一瞬だけ映し出されるのは、本作のヴィランとされる科学者ゴースト(ハンナ・ジョン・カメン)。コミックでは男性だが、映画版では性別を変更しての登場だ。41秒目の施設にいた左腕はこの人物だろうか。
さらに紫色で炎をあしらった謎の新車……には、一体誰が乗り込むことになるのだろう。そのヒントとなりそうなのは58秒目、スコットの友人ルイス(マイケル・ペーニャ)の背後には、この車がちゃっかり停められているのだ。もしかして車変えた? さらに59秒目には、38秒目に登場した“謎の乗り物”が量子世界を進む様子も確認できる。

アントマンとワスプは「パートナー」

前作『アントマン』が父と娘の物語だったことを忘れてはならない。続編となる本作でも、スコットと娘キャシーの心温まるやり取りは健在のようだ。「たぶん、見守ってくれる人が必要だと思う」という彼女の言葉に続いて登場するのは、見守るどころか最前線でバリバリ戦うワスプのアクションシーン。「パートナーみたいな」というセリフが象徴的に聞こえるのは、ホープ/ワスプが、決してスコット/アントマンの単純な相棒でも恋人でもないだろうからだ。

 

「彼女に翼を付けたの?」
「ブラスターもだ。」
「そんな技術、僕は使わせてもらえなかったと思うけど……」
「いや、付いてるぞ。」

タイトルロゴのあと、カーチェイス・シーンでホープが投げるのはハローキティのPEZ(ペッツ)。前作では「きかんしゃトーマス」が巨大化していたが、本作ではキティが巨大になって登場するようだ。
ところで前作には、プロダクト・プレイスメント(劇中に商品などを登場させる広告)としてヤクルトが印象的に映し出されていた。今回はPEZがそのポジションで登場してくる可能性もあるだろう。そちらは本編を観てのお楽しみだ。

映画『アントマン&ワスプ』は2018年7月6日に米国公開予定。日本での公開情報も待ち遠しい……!

Sources: https://screenrant.com/ant-man-2-wasp-trailer-breakdown/
http://collider.com/ant-man-and-the-wasp-trailer-breakdown/
© Walt Disney – Marvel Studios – Big Talk Productions 写真:ゼータ イメージ

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。