Menu
(0)

Search

「スター・ウォーズ:バッド・バッチ」字幕版予告編が公開

スター・ウォーズ:バッド・バッチ
© 2021 TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

アニメスター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」に登場した“異端”のエリート・クローン部隊バッド・バッチを主人公にした、ルーカスフィルムによる新たなアニメーションシリーズスター・ウォーズ:バッド・バッチ」より、日本語字幕つきの予告編映像が公開された。

シリーズは「スター・ウォーズの日」である5月4日にDisney+(ディズニープラス)で独占配信される。

突然変異の遺伝子を持って生まれた、個性豊かなクローン兵士集団「クローン・フォース99」、通称バッド・バッチ。『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)のその後、ジェダイ・オーダーが崩壊し、銀河帝国の支配が始まった暗黒の時代が舞台。新たな生きる道を模索する彼らは、卓越したスキルを武器に傭兵としてのミッションに身を投じていく。

日本版予告では、バッド・バッチの5人、 “リーダー ”ハンター、“新たな仲間”エコー、“頭脳派”テク、“怪力”レッカー、“射撃の名人”クロスヘアーの姿が確認できる。『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』にも登場する帝国軍のターキン提督、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』に登場するカミーノアンや、「マンダロリアン」腕利きの傭兵フェネック・シャンドも登場しており、他の映画、ドラマとのつながりも感じさせる内容だ。

「スター・ウォーズ:バッド・バッチ」は、2021年5月4日にDisney+(ディズニープラス)で独占配信。製作総指揮はデイブ・フィローニ、アテナ・ポーティロ、ブラッド・ロウ、ジェニファー・コルベット。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly