Menu
(0)

Search

『バッドボーイズ』第4作は「今も進行中」 ─ ウィル・スミス平手打ち後の進捗、米ソニー会長が言及

バッドボーイズ フォー・ライフ
© 2020 Columbia Pictures Industries, Inc. and 2.0 Entertainment Borrower, LLC. All Rights Reserved.

第94回アカデミー賞授賞式でウィル・スミスがクリス・ロックをビンタした騒動を受け、スミスが関わる予定だった一部新プロジェクトの保留が伝えられたが、バッドボーイズ』シリーズ第4作はいずれ実現する可能性があるようだ

2022年4月にはビンタ騒動の余波により、『バッドボーイズ フォー・ライフ』(2020)に続く『バッドボーイズ4(仮題)』の製作が一時中断となる見込みだと報じられていた。そんななか、米Deadlineのインタビューに応じた米ソニー・ピクチャーズのトム・ロスマン会長が、「ウィル・スミスのビンタ騒動後、『バッドボーイズ4』に急ブレーキがかかったとの報道がありましたが……」と話題を振られ、こう返答している。

いいえ、その報道は正しくありません。あの映画はずっと開発中で、今も進行中です。車が発進していなかったので、かけるブレーキはありませんでした。あれは非常に残念な出来事で、私はコメントする立場ではないと思います。ウィル・スミスとは旧知の仲で、彼が良い人だと知っているということ以外は。あの出来事は、とても善良な人が世界の目の前で非常に悪い立場になってしまった例であり、私は彼の謝罪と後悔が真摯であることも、許しと贖罪も信じています。」

ロスマン会長はスミスを擁護しているが、実際に第4作がどれほど前進しているのかは不明。既報では、スミスが続編の脚本を受け取ったばかりだったと伝えられていた。

なお『バッドボーイズ4』の他には、Netflix製作によるスミス主演の新作映画『Fast and Loose(原題)』の製作が一時中断されたことも報じられている。こちらについては、プロジェクトの復活・進捗状況は届いてない。

あわせて読みたい

Source:Deadline

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly