Menu
(0)

Search

『バッドボーイズ フォー・ライフ』最新予告映像が公開 ─ ウィル・スミス&マーティン・ローレンスの鉄板刑事コンビ、超絶アクションに三度挑む

バッドボーイズ フォー・ライフ

ウィル・スミス&マーティン・ローレンス主演、シリーズ累計興収4億ドルを突破した大ヒットシリーズ『バッドボーイズ』の第3作バッドボーイズ フォー・ライフの最新予告編が公開された。鉄板刑事コンビの新たな任務、その全貌がいよいよ明かされる。

製作ジェリー・ブラッカイマー&監督マイケル・ベイという2大ヒットメーカーがタッグを組んだ『バッドボーイズ』(1995)は、ウィル・スミス&マーティン・ローレンス演じる刑事2人が、マイアミを舞台にカーアクションと銃撃戦を繰り広げる刑事アクションコメディの金字塔。当時27歳のウィル・スミスは体当たりのアクションを見せつけ、ハリウッドのトップスターへと躍進。2003年には続編『バッドボーイズ 2バッド』も製作されている。

2020年、マイケル・ベイに代わって『バットボーイズ』最新作を手がけるのは、2018年に米Varietyが「観るべき10人の監督たち」に選んだ新鋭アディル・エル・アルビ&ビラル・ファラー。今回の予告編では、ブランド物のスーツをスタイリッシュに着こなし、得意のドライビングテクニックを見せてポルシェをカッ飛ばすマイク・ローリー(ウィル・スミス)と、家族こそ守るべきものだとして引退を考える、危険な職務に消極的なマーカス・バーネット(マーティン・ローレンス)のコンビが再び登場する。

若いエリートたちとチームを組むことになったマイク&マーカスは、年寄り扱いされることに我慢できない。そんな中、マイクが何者かに命を狙われ、バッドボーイズに最大にして最後の危機が訪れるのだった。「誰かが俺を殺そうとしている」。2人の危険すぎるワイルドかつ無鉄砲な捜査が、やはりマイアミを舞台に縦横無尽に展開。「バットモービルでもこの動きはムリだぜ」と派手なカーアクションを見せたかと思えば、バイクでは死と隣り合わせのドリフトを見せ、向かってくるヘリコプターを銃で撃ち落とす。

『バッドボーイズ』はウィル・スミスにとって初めての主演映画であり、初めて挑んだアクション映画という記念碑的作品にして、『メン・イン・ブラック』を除けば唯一のシリーズ作品となる。そんな本シリーズも、いよいよ新たな物語へと踏み込んでいく。おなじみの顔ぶれとハリウッドの新たな才能が手を組んで、再び『バッドボーイズ』が幕を開けるのだ。

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』は2020年1月31日(金)全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly