Menu
(0)

Search

クリスチャン・ベール、来日が待ち遠しい ─ 『ソー:ラブ&サンダー』プレミアで日本ファンへメッセージ

ソー:ラブ&サンダー
©Marvel Studios 2022

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作『ソー:ラブ&サンダー』で神殺しのゴアを演じるクリスチャン・ベールから、日本ファンに向けたメッセージが到着している。

2022年6月下旬、『ソー:ラブ&サンダー』の世界公開に先がけて、米ロサンゼルスではワールドプレミアが開催された。同イベントには、主演のクリス・ヘムズワースや“マイティ・ソー”として蘇るジェーン・フォスター役のナタリー・ポートマン、タイカ・ワイティティ監督らに加えて、ヴィラン役のクリスチャン・ベールも参加。バットマン俳優でも知られるベールのMCU参加に注目が集まっている。

 ソー:ラブ&サンダー
©Marvel Studios 2022

ベールはワールドプレミアの場で、日本ファンに向けて貴重なメッセージを送っている。2005年の『バットマン ビギンズ』公開時に来日したことのあるベールは、日本再訪を恋しがっているようだ。

まず何より、日本に戻るのが待ち遠しいです。素敵でうっとりするような時間をいつも過ごせるのでね。楽しいし。文化的にもそうですね。日本の食事や日本の人たちが恋しいです。すぐにでも行きたいし、その理由を見つけたいくらいです僕の家族も同じように考えているはずです。」

本作でベールが演じるのは、神々への復讐を誓ったゴア・ザ・ブッチャー。おどろおどろしい容姿が印象的だ。ベールは、自身のゴアについて「十分不気味で恐ろしい仕事をしたと思ってもらいたいです」と語っている。「才能ある人々、そして本当に有能な監督に囲まれているのでね」。

ソー:ラブ&サンダー
©Marvel Studios 2022

『ソー:ラブ&サンダー』は2022年7月8日劇場降臨。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly