Menu
(0)

Search

『ジョン・ウィック』アナ・デ・アルマスのスピンオフ映画、シャロン役ランス・レディックも続投へ

ジョン・ウィック:チャプター2
(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C)Niko Tavernise

アナ・デ・アルマス主演、ジョン・ウィックシリーズのスピンオフ映画『バレリーナ(原題:Ballerina)』に、コンチネンタル・ホテルのコンシェルジュ、シャロン役のランス・レディックが続投する。米Varietyが報じた。

本作は『ブレードランナー 2049』(2017)『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2021)などで知られるアナ・デ・アルマスを主演に迎え、『ジョン・ウィック:パラベラム』(2019)で初登場したバレリーナを主人公に、家族を殺し屋に奪われた若い女性が、復讐のため、同じく殺し屋へと変貌していく物語。

レディックのほか、本家『ジョン・ウィック』シリーズからジョン・ウィック役のキアヌ・リーブス、ウィンストン役のイアン・マクシェーン、そして『ジョン・ウィック:パラベラム』よりディレクター役のアンジェリカ・ヒューストンが続投する。もはやスピンオフどころか、メインシリーズの最新作と言って申し分ないほどの顔ぶれだ。

ジョン・ウィック:パラベラム
『ジョン・ウィック:パラベラム』ポスター ®, TM & © 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

キアヌ&イアンとともに映画シリーズの全作を制覇するレディックの復帰について、プロデューサーのエリカ・リーは「シャロンは『ジョン・ウィック』ワールドに欠かせない存在。ランスがこのシリーズに続投してくださることを本当にうれしく思います」とのコメントを発表した。

監督は『アンダーワールド』シリーズのレン・ワイズマン、脚本は『ジョン・ウィック:パラベラム』『ジョン・ウィック:チャプター4(仮題)』のシェイ・ハッテン。また、脚本には『プロミシング・ヤング・ウーマン』(2020)のエメラルド・フェネルも参加した。プロデューサーには本家シリーズのチャド・スタエルスキ監督、ベイジル・イヴァニク、エリカ・リーら。

『ジョン・ウィック』スピンオフ映画『バレリーナ(原題:Ballerina)』の公開時期は未定。撮影は2022年11月より開始されている。

Source: Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly