Menu
(0)

Search

DC『バットガール』監督、中止ニュースを知ったのは自身の結婚式だった ─ 「信じられない」と声明発表

https://www.instagram.com/p/CgzisvCMwmk/

DC映画バットガールお蔵入りは製作陣にとっても晴天の霹靂だった。米Deadlineによれば、監督を務めたアディル・エル・アルビ&ビラル・ファラーが中止のニュースを知ったのは、モロッコでアディル自身の結婚式の最中のことだったという。

『バットガール』はゴッサム・シティのジェームズ・ゴードン警察長官の娘、バーバラ・ゴードン/バットガールを描く単独作品。配信サービス米HBO Max向けに企画されたものだが、米ワーナー新体制の戦略のもと、撮影を終えていたにも関わらずお蔵入りとなった。製作費は9,000万ドルと伝えられるが、配信リリースの予定すらないという。

気の毒なことに、自身の結婚式の場で作品のリリース中止を知ったアディル・エル・アルビ監督は、ビラルと共同で次のような声明を発表している。

「私たちは、このニュースに深い悲しみと衝撃を受けています。いまだに信じられません。監督として、私たちの仕事は観客にお見せするということが重要です。完成まではまだ遠い状態でしたが、世界中のファンが完成した映画を観て受け入れる機会があれば良かったと思います。

私たちの素晴らしいキャストやクルーは、バットガールに生命を吹き込むため、途方もない仕事を一生懸命こなしてくださいました。このチームに加われたことを、永遠に感謝します。マイケル・キートンやJ・K・シモンズ、ブレンダン・フレイザー、ジェイコブ・スキピオ、コーリイ・ジョンソン、レベッカ・フロント、そして特に、バットガール を情熱と熱意、そして人間性と共に演じてくれた素晴らしきレスリー・グレイスのような素晴らしい役者達と仕事ができて、夢のようでした。

とにかく、子どもの頃からのバットマンの大ファンとして、DCEUに加われたことは、たとえ短い期間だったとしても、名誉で光栄なことでした。バットガール・フォー・ライフ。」

この投稿をInstagramで見る

Adil El Arbi(@adilelarbi)がシェアした投稿

あわせて読みたい

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly