Menu
(0)

Search

DC『バットガール 』中止でマイケル・キートン版バットマン復活計画が消滅か ─ DC版ニック・フューリーになるはずだったとの情報

バットマン(1989)
© Warner Bros. Entertainment, Inc.

DCの新映画バットガール(原題:Batgirl)』が、撮影を完了させていたにも関わらず、無情にもお蔵入りとなることが決定した。この影響で、水面下で準備されていたマイケル・キートンバットマン復活の計画に大きな狂いが生じた恐れがある。

『バットガール』はゴッサム・シティのジェームズ・ゴードン警察長官の娘、バーバラ・ゴードン/バットガールを描く単独作品。配信サービス米HBO Max向けに企画されたものだが、後に米ワーナー・メディアの事業統合によって設立された新ワーナー・ブラザース・ディスカバリー幹部は、配信作品向けの資金投入に懐疑的な姿勢。コロナ禍による撮影中断などで製作費が9,000万ドルにまで膨らんだ『バットガール 』は“損切り”の憂き目にあった。

実はこの作品、『ジャスティス・リーグ』(2017)でJ・K・シモンズが演じたジェームズ・ゴードンが再登場するとされたことから、舞台は現行DC映画シリーズと同一になると見られたものの、1989年と1992年のティム・バートン版『バットマン』シリーズでバットマン/ブルース・ウェインを演じたマイケル・キートンも姿を見せることになっていた。米The Hollywood Reporterによればキートン版バットマンは、マーベル映画でいうところのニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)のように「複数の映画に登場し、指導する老練者」になるはずだったという。『バットガール 』では、派手なアクションシーンの中心に立つ役割を務めていたとされる。

さらにキートン版バットマンは、『アクアマン』の続編『アクアマン・アンド・ザ・ロスト・キングダム(原題:Aquaman and the Lost Kingdom)』にも登場する予定で、既にその撮影も済ませていたと伝えられている。しかしテスト試写では、キートン版バットマンがこのユニバースで何をしていたのかが不明瞭だと困惑する反応が示されたという。

これが、先日の『アクアマン』続編の撮影現場にベン・アフレックがいた、というニュースに繋がってくる。つまり、キートン版バットマンからアフレック版バットマンに急きょ差し替えられた可能性が指摘されているのだ。

すると不安になるのが、エズラ・ミラー版『ザ・フラッシュ(原題)』の安否だ。ただでさえ主演ミラーのスキャンダルに見舞われ、無事の公開が危ぶまれている本作だが、キートンはこちらにも登場することとなっていた。『バットガール』が消え、『アクアマン』続編の出番も差し替えられたとなると、キートン版バットマンを「DC版ニック・フューリー」とする計画は、現時点でほぼ潰えた。『ザ・フラッシュ』で1作限りのゲスト再演扱いとなるか、それとも完全なる幻と消えるかはわからない。なお、『ザ・フラッシュ』でプロデューサーを務めるバーバラ・ムスキエティは今回の事態を受け、SNSで「『フラッシュ』は大丈夫です」と報告している

さらに米ワーナーは、2022年12月21日US公開予定の『シャザム!~神々の怒り~』、および2023年3月17日US公開予定『アクアマン・アンド・ザ・ロスト・キングダム』の公開スケジュール変更も検討しているという。その場合、現地時間8月4日に開かれる同社株主総会にて告知されると見られる。

あわせて読みたい

Source:The Hollywood Reporter,Comicbook.com

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly