Menu
(0)

Search

躍進デイヴ・バウティスタ、独自のアクション・コメディ・シリーズを主演・プロデュース ─ 元WWE王者、ハリウッドで頭角現す

デイヴ・バウティスタ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9364330574/ Remixed by THE RIVER

プロレスラー出身の俳優としても知られるデイヴ・バウティスタが、ショウビズ界で頭角を現している。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズや『ブレードランナー2049』(2017)への出演で躍進続くデイヴが、米STXエンタテインメント社と共に独自のアクション・コメディ映画フランチャイズを主演・プロデュースするという。

1969年アメリカ生まれのデイヴは、1999年よりプロレスラーデビュー。この時、すでに30歳だった。その後レスラーとしてのキャリアと知名度を積み重ねる。スクリーン・デビューを果たしたのは2011年アメリカ製作の『ライジング・サン 〜裏切りの代償〜(原題:House of the Rising Sun)』でデイヴは主演として、違法カジノの用心棒を務める元刑事の活躍を描いた。その後『リディック:ギャラクシー・バトル』(2013)に出演し、おなじみ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)のドラックス役、『007/スペクター』(2015)ヒンクス役で一躍名を知らしめた。

元レスラーの俳優として真っ先に名が挙がるのが、「ザ・ロック」ことドウェイン・ジョンソンだろう。『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』(2001)で映画デビューを果たしたドウェインは、そのイメージに違わぬ豪快なキャラクターを演じる印象が強い。デイヴも「第二のザ・ロックなるか」と比べられることも多いが、どうやらトーンが少々異なるようだ。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のドラックスはやや単細胞でおバカな性格のキャラクターだが、デイヴ本人は当初脚本を手渡されたときに「ジョークが理解できなかった」とあくまでも真面目な印象を口にしていた。思えば、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)のプロモーションで来日した際も、終始ハイテンションだったジェームズ・ガン監督やクリス・プラットに対して終始寡黙で、むしろ共演者らからイジられる性格が印象的であった。(きっと純粋すぎて、ちょっと冗談が通じなさそうな雰囲気すら感じられた。)

おそらく、大柄な肉体の中に繊細なハートを秘めているであろうデイヴは、『ブレードランナー2049』で新たな真価を発揮する。筆者も本編は未見のため詳しくは語れないが、既に公開されている短編映像『2048:ノーウェア・トゥ・ラン』を観る限りでは、非暴力的で平穏を求める中年レプリカントのサッパー・モートンを器用に演じ上げている。

Deadlineによれば、デイヴが手がけるのはアクション・コメディ・“フランチャイズ”の主演とプロデュースであるということから、同作はすでにシリーズ作品として構想されていると考えられる。デイヴは、ハリウッドに自らのリングをもたらし、ますます大暴れしてくれることだろう。同シリーズは、デイヴにとってWWEのレスラー時代からの付き合いであり、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズでも仕事を共にしたジョナサン・メイスナー氏も共同プロデユースとして名を連ねる。

なお、この度の報道で伝えられたSTXエンタテインメント社は、2014年設立の新進気鋭の映画会社で、ジョエル・エドガートン監督の『ザ・ギフト』(2015)が第一作目だった。ほか、コメディドラマ映画『バッドママ(原題:Bad Moms)』(2016)や、エマ・ワトソンとトム・ハンクス出演の『ザ・サークル』(2017)も配給している。

Source:http://deadline.com/2017/10/dave-bautista-stx-action-comedy-franchise-guardians-of-the-galaxy-blade-runner-2049-1202182825/
http://www.imdb.com/company/co0249694/?ref_=fn_al_co_1
Eyecatch Image: Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Dave_Bautista_by_Gage_Skidmore.jpg

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly