Menu
(0)

Search

「ベター・コール・ソウル」ボブ・オデンカーク、心臓発作が意外な影響 ─ 演じることが「楽になった」

ボブ・オデンカーク Bob Odenkirk
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/43555583562/

2021年7月、人気海外ドラマベター・コール・ソウル」シーズン6の撮影中に主演のボブ・オデンカークが心臓発作を起こし緊急搬送された。幸いにもオデンカークは見事な回復を遂げ、5週間の中断を経て撮影に復帰。この生死をさまよう体験は、彼の俳優としてのキャリアに意外な影響を与えていたようだ。オデンカークが米NPRのインタビューで語っている。

「まるで生まれ変わったみたいに、人生全体に対して不思議なほど新鮮なエネルギーが湧いてきたんです。『みんな!仕事に戻って番組を作ろう!』 という感じです。」

手術後すぐ「さあ、仕事に戻ろう」と口にしたというオデンカーク。その時のエネルギーは撮影に戻るまで持続し、俳優として自分ではない‟誰か”を演じることがより楽になったという。「他人の人生の瞬間に身を置いて、『このあと何が起きるのか分からない』という不安な感覚を味わう奇妙な心理ゲームを演じているわけです。この奇妙な視点の世界観をもつことが、より楽になりました。あそこで起きたことには、今後も触れていきたいです。毎日あの時のことを思い出して、再びつながりたいと思っています」。

また、「ベター・コール・ソウル」ショーランナーのピーター・グールドも、オデンカークの演技の違いに気づいたという。「とても緊張感のある瞬間でした。ボブが発作を起こした時に僕は現場にいませんでしたが、彼が戻ってきた時はいましたから。みんな『どんな感じになるだろう?』と思ってたんです。そして結果として、素晴らしいものになりました。想像できる中で、最も希望に満ちたことの一つでしたよ」。

オデンカークは、心臓発作を起こした時に撮影していたエピソードがシーズン6エピソード8「狙い撃ち」であることを米Entertainment Weeklyに明かしている。グールドが「心臓発作の前と後の人間を比べたいなら、キムとジミーがラロと計画について話しているシーンを見てほしい」と笑いながら補足したように、当該シーンを見ればオデンカークの演技の違いに気付くことができるかもしれない。

Source: NPREntertainment Weekly

Writer

Kyoko
KyokoKyoko Okajima

アメリカ留学、大手動画配信サービスの社員を経て、ライターに転身。海外ドラマが大好きで、永遠のNo.1は『ブレイキング・バッド』と『ベター・コール・ソウル』。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly