Menu
(0)

Search

ポール・ベタニー、トム・ハンクスにオナラをさせてしまった過去を振り返る ─「何をやっているんだと言われた」

ポール・ベタニー
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/48469165722/ | Remixed by THE RIVER

マーベル・シネマティック・ユニバースによるドラマシリーズ「ワンダヴィジョン」(2021)にて、ヴィジョン役を見事に演じ切り、世界中でいま最も注目を集める俳優のひとりポール・ベタニー。そんな成功を遂げた俳優だが、過去にはとんでもない大失敗も経験してきたようだ。

ベタニーはマーベル作品のほか、『ビューティフル・マインド』(2001)『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)など数々の話題作に出演を重ね、キャリアを不動のものにしてきた。ところが、過去に出演した『ダ・ヴィンチ・コード』(2006)では、大恥をかかせてしまった先輩俳優がいるのだという。その相手というのが、同作の主演を務めた名優トム・ハンクスである。

トム・ハンクス
Photo by Dick Thomas Johnson https://www.flickr.com/photos/31029865@N06/29830327845/

この度、米Esquireのインタビューにて、ベタニーが当時の失敗談について振り返った。遡ること約16年前の2005年、『ダ・ヴィンチ・コード』の撮影初日にて、ベタニーはハンクスの腹を思いっきり殴り、その勢いでオナラまでさせてしまったのだという。もちろん、喧嘩ではない。ふたりのアクションシーンを撮っている際に起きた事故で、撮影は非常に静かな空間で執り行われていたため、オナラの音は完全に撮影現場を響き渡ってしまったとのこと。

前代未聞の事態に当時、「ヤバイ、どうしよう。世界的スターのトム・ハンクスにいま、オナラをさせてしまった」となったという。「彼は私を見て、私も彼を見て、“何をやっているんですか?”と言われましたよ」。さすがのハンクスも、ベタニーと同様にその状況に焦ったのだろう。

ちなみに、Esquireのインタビュアーは、「(ベタニーに)トム・ハンクスのオナラが臭ったかについては、尋ねる勇気はなかった」と記している。

Source: Esquire

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly