Menu
(0)

Search

『シャザム!』宿敵ブラックアダムの単独映画、『ジョーカー』撮影監督が参加へ ─ ポーランドの映画祭で最高賞に輝く

ドウェイン・ジョンソン
© Face to Face/Avalon.red 写真:ゼータ イメージ

DCコミックス原作、『シャザム!』(2019)の主人公シャザムの宿敵を描く単独映画『ブラックアダム(原題:Black Adam)』に、話題作『ジョーカー』(2019)を手がけた撮影監督のローレンス・シャーが参加することがわかった。主演・製作のドウェイン・ジョンソンが認めた。

『ジョーカー』でホアキン・フェニックスの演技と、作品全体を形づくる街並みを美しく(そして冷ややかに)切り取ったローレンス・シャーは、過去に『ハングオーバー』3部作や『デュー・デート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜』(2010)、『ウォー・ドッグス』(2016)でトッド・フィリップス監督とタッグを組み、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019)の撮影を担当してきた。『ブラックアダム』では『ジョーカー』から一転、ふたたび大スケールのアクションを撮ることになりそうだ。

『ブラックアダム』で監督を務めるのは、同じくドウェインが主演・製作を務めるディズニー実写映画『ジャングルクルーズ(原題:Jungle Cruise)』のジャウム・コレット=セラ。ローレンスは『ジャングルクルーズ』でも撮影監督を務めており、セラ監督とも継続してのタッグとなる。

なお2019年11月16日(現地時間)には、映画の撮影を主な対象とする映画祭「EnergaCamerimage festival」がポーランドにて開催され、ローレンスは『ジョーカー』で最高賞を受賞。同映画祭において、『ジョーカー』は観客賞にも輝いた。

映画『ブラックアダム(原題:Black Adam)』は2021年12月22日に米国公開予定。撮影は2020年7月に開始される。

あわせて読みたい

Sources: Dwayne Johnson, The Hollywood Reporter

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly