Menu
(0)

Search

DC映画『ブラックアダム』2021年春撮影開始 ─ ドウェイン・ジョンソン&ライアン・レイノルズ共演『レッド・ノーティス』もうすぐ撮影終了

ドウェイン・ジョンソン

DC映画『シャザム!』の宿敵ブラックアダムを描く単独映画『ブラックアダム(原題:Black Adam)』より、撮影時期に関する新情報が到着した。以前、本作の製作を務めるハイラム・ガルシア氏が2021年1月~3月に撮影予定と伝えていたが、 主演・製作を兼任するドウェイン・ジョンソンが今回、2021年春にアメリカ・ジョージア州にて開始すると公表したのである。

この度、ドウェイン・ジョンソンは自身のInstagramにて、現在撮影中のNetflix映画『レッド・ノーティス(原題:Red Notice)』の製作状況を含めて、今後控えている若き日のドウェイン・ジョンソンを描くドラマ「ヤング・ロック(原題:Young Rock)」、『ブラックアダム』の撮影時期について明らかにした。

「ジョージア州にある『レッド・ノーティス』の最高に格好良い撮影現場の写真を見てください。

決して当たり前のことをしているとは思っていません。『レッド・ノーティス』の撮影が来月に終わる予定で、そのまま『ヤング・ロック』の撮影に臨めることにも感謝しています。

それから春には、DC大作映画『ブラックアダム』の撮影に入ります。

全3作品とも、今滞在しているジョージア州で撮影しますよ。

仕事が出来ることにも感謝していますし、製作陣や彼らの家族、地元の業界のために仕事を生み出せること以上の喜びはありません。」

映画『ブラックアダム』では、シャザムの宿敵であるブラックアダムが、支配欲求に取り憑かれた一種のダークヒーローとして登場。古代エジプトの祖国カーンダックにて奴隷を解放したが故に、ロック・オブ・エタニティの魔法使いに封印されてしまう。復讐を果たすべく、現代に蘇るといった原作コミックの背景が踏襲される模様だ。

出演者にはブラックアダム役を演じるドウェイン・ジョンソンの他、身体を巨大化させられるアトムスマッシャー役に『好きだった君へのラブレター』シリーズのノア・センティネオ、大きな翼で空を飛ぶホークマン役に『ドリーム』(2016)のオルディス・ホッジ、大学教授でありカーンダックで自由を求めるレジスタンス組織に属するというキャラクターに「Lの世界」(2004-2009)のサラ・シャヒが名を連ねている。

映画『ブラックアダム(原題:Black Adam)』の公開時期は不明。

Source: Dwayne Johnson(The Rock) , ComicBook.com

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly