Menu
(0)

Search

『シャザム!』対『ブラックアダム』直接対決は「まだ計画中」 ─ 製作者「シャザムはブラックアダム・ユニバースの一部」

Dwayne Johnson ドウェイン・ジョンソン
A Photo By Eva Rinaldi https://en.wikipedia.org/wiki/File:Dwayne_Johnson_2014(Cropped).jpg|Remixed by THE RIVER

ザッカリー・リーヴァイ演じるシャザムと、ドウェイン・ジョンソン演じるブラックアダムの対決はいつになるのか。ザッカリー自身も待望する“ご対面”について、いまだ具体的な計画は固まっていないことがわかった。単独映画『ブラックアダム(原題:Black Adam)』のプロデューサー、ハイラム・ガルシア氏が米Varietyにて現状を明かした。

シャザムの宿敵であるブラックアダムは、支配欲求に取り憑かれたダークヒーローとしてスクリーンに登場。古代エジプトで奴隷を解放したがゆえに封印されていたが、復讐を果たすべく現代に蘇るというコミックの設定が踏襲されるとみられる。以前からドウェインが繰り返している「DCユニバースの権力構造(ヒエラルキー)が変わる」という言葉をガルシア氏も再び宣言し、「彼が流れを変える」と言い切った。

多くは語らないまでも、DCユニバースへの参戦にあたり、ドウェインやガルシア氏は「大きな野心をもって」取り組んでいるとのこと。ブラックアダム以外にも、ホークマンやドクター・フェイト、サイクロン、アトムスマッシャーという新ヒーローからなるチーム「ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ」が登場するが、「観客が見たこともない、けれども親しみのある楽しいチームを生み出す機会」だと熱意を示した。

では、そんなブラックアダムたちと『シャザム!』(2017)のキャラクターや、他のヒーローたちが相対したらどうなるのだろうか…? この問いかけに、ガルシア氏は「どうやって全員を合流させるかという計画は、まだDCと一緒に練っている最中なんです」と答えた。「すべてはまだ計画中ですが、最終的には、きちんとファンのみなさんに喜んでもらえるものにします」

ところで気になるのは、ガルシア氏が「確かにシャザムもブラックアダム・ユニバースに存在しますから…」と口にしたことである。なにしろ、ザッカリーは以前「ブラックアダムはDCユニバースではシャザムの一部」語っていたのだ。さて、シャザムがブラックアダム・ユニバースにいるのか、それともブラックアダムがシャザム・ユニバースに存在するのか。さすがは宿敵同士である、さっそくバチバチしそうな気がしてきた。

映画『ブラックアダム(原題:Black Adam)』は2021年12月22日に米国公開予定。ガルシア氏によると、撮影は2021年1~3月に開始予定だという。

あわせて読みたい

Source: Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly