Menu
(0)

Search

DC映画『ブラックアダム』予告編が降臨、12月日本公開決定 ─ ドウェイン・ジョンソン主演、最恐の破壊神描く

ブラックアダム
(c)2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM &(c)DC Comics

DC映画最新作、ドウェイン・ジョンソン主演ブラックアダム』初の予告編映像が世界同時解禁となった。あわせて、2022年12月2日に日本公開となることも発表された。

『THE BATMAN−ザ・バットマン−』(2022)、『ジョーカー』(2019)など数々の大ヒット作を生み出してきたDCと、『ワイルド・スピード』『ジュマンジ』シリーズなどで知られ、その活躍が常に世界中から注目される俳優ドウェイン・ジョンソンがタッグを組む最新作は、世界を救わない“最恐”のアンチヒーローが大暴れするアクション・エンターテイメント『ブラックアダム』。

今度の主人公は、5,000年の眠りから目覚めた破壊神ブラックアダムだ。この圧倒的な存在感を放つキャラクターを「ブラックアダム以上に自分のDNAに語りかけてくるものはいない」と語るドウェイン・ジョンソンは、自身のトレーニングで驚異的な体を仕上げ、コスチュームの(体を大きくみせるための)詰め物を断固拒否。自前の筋肉だけで表現されたコスチュームを着たときに「俺はブラックアダムだ」と感じたという。さらに彼はブラックアダムの登場により「DCユニバースのヒエラルキーが変わる」とかねてより明言している。

その言葉通り、世界解禁された特報では、飛行を警告してきた戦闘機の翼を片手でへし折り、武器で攻撃されても表情一つ変えず一瞬で空中に蹴散らすなど、圧倒的な強度とケタ違いのパワーの片鱗をみせる。そんな暴君ぶりをみかねたスーパーヒーロー軍団 “ジャスティス・ソサエティ”が立ちはだかるが……。

「ヒーローは人を殺さない」の言葉に対し、「俺は殺す」と返すなど、スーパーヒーローとしての一線を軽々と踏み超え、世界すらも救わないアンチヒーロー。来る者すべてをぶっ飛ばす破壊神ブラックアダムを見かけても、絶対に絡んではいけない。

本作の主人公ブラックアダムを演じ製作総指揮を兼任するのは、正義感あふれるキャラクターや愛嬌ある役どころも得意とするドウェイン・ジョンソン。監督は、『ジャングル・クルーズ』(2021)でもドウェイン・ジョンソンとタッグを組んだジャウマ・コレット=セラ。『エスター』(2009)、『ロスト・バケーション』(2016)などジャンル映画で気を吐くビジュアル派の鬼才が、スーパーヒーロー映画に初参戦だ。破壊神VSヒーローチームの一大バトルを圧倒的スケールで描き出す。

『ブラックアダム』は2022年12月2日、全国ロードショー。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly