Menu
(0)

Search

『ブラック・ウィドウ』Disney+配信は検討せず、現在も劇場公開の方針 ─ 米報道

ブラック・ウィドウ
(c)Marvel Studios 2021

ウォルト・ディズニー・カンパニーは、マーベル・シネマティック・ユニバース最新作ブラック・ウィドウを従来の方針にしたがって劇場公開する見込みだ。米Deadlineが報じた。

『ブラック・ウィドウ』は2020年5月1日に日米同時公開予定だったが、新型コロナウイルスの影響により同年11月6日に延期、のちに米国では2021年5月7日まで再延期となっている。これを受け、日本では米国に先がけて2021年4月29日(木・祝)に劇場公開予定。ただし情勢は予断を許さず、特に米国で予定通りの劇場公開が可能かどうかは誰にもわからない。

もっとも今回の報道によると、ディズニー/マーベル・スタジオは『ブラック・ウィドウ』の配信リリースを検討していないとのこと。ワーナー・ブラザース/DCコミックスは『ワンダーウーマン 1984』を米国にて2020年12月25日に劇場公開、同日からHBO Maxにて配信するという戦略を採ったが、『ブラック・ウィドウ』は劇場公開を前提としていると考えられる。逆にいえば、配信リリースが視野に入らない限り、情勢次第で再延期もありうるということか。

コロナ禍にあって、ディズニーは実写版『ムーラン』とピクサー映画『ソウルフル・ワールド』の劇場公開を断念し、Disney+での配信リリースに切り替えていた。2020年10月中旬には、同社が今後はストリーミングサービスを最優先する方針であることも発表されていたため、ファンの間では『ブラック・ウィドウ』も同じ道を歩むのではないかと懸念されていたところ。ひとまず劇場公開が前提となっていることは朗報といえそうだ。

なお報道によれば、現在のディズニーはマーベル・スタジオやルーカスフィルムなどの作品をテレビシリーズとして展開する計画に注力しているとのこと。「ワンダヴィジョン」に始まるマーベル・シネマティック・ユニバースのドラマシリーズ群、ルーカスフィルム製作による『ウィロー』(1988)の続編ドラマなどはその代表となる。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly