Menu
(0)

Search

『ブラック・ウィドウ』最新予告編、7,000万回以上の再生数を記録 ─『ブラックパンサー』「ワンダヴィジョン」を上回る数字

ブラック・ウィドウ
(c)Marvel Studios 2021

2021年4月4日、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『ブラック・ウィドウ予告編第3弾が公開された。米The Hollywood Reporterによると、公開からわずか24時間で、7,000万回以上も再生されたのだという。

このたびの『ブラック・ウィドウ』予告編再生数は、MCU作品の中で比較しても高い方である。『ブラックパンサー』(2018)の4,800万、『アントマン&ワスプ』(2018)の5,200万、「ワンダヴィジョン」の5,300万、「ロキ」の3,600万、そして「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の2,000万回を超える数字なのだ。

なお、2020年3月に公開された予告編第2弾の再生数は、24時間で5,700万回だった。通常では新たな予告編が公開される度に再生回数は減少していくものだが、前回の数字から、1,300万と大幅に上回るものになったのは、またひとつ注目すべきところだろう。コロナ禍で公開延期が続いていたにもかかわらず、期待値は右肩上がりというわけだ。

『ブラック・ウィドウ』はナターシャ・ロマノフ/ブラックウィドウを主人公とする初めての単独映画。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)直後を舞台に、ナターシャの知られざる過去や、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)での決断に至る背景が描かれる。出演者にはスカーレット・ヨハンソンのほか、フローレンス・ピュー、デヴィッド・ハーバー、レイチェル・ワイズなどが出演。監督は『ベルリン・シンドローム』(2017)のケイト・ショートランドだ。

『ブラック・ウィドウ』は2021年7月9日(金)映画館 and ディズニープラス プレミア アクセス 同時公開。

Source:The Hollywood Reporter

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly