Menu
(0)

Search

ブラムハウスが贈る恐怖のアンソロジー、米国版新予告編が一挙4作品公開 ─ Amazon Primeで10月より世界配信

『Nocturne(原題)』
https://youtu.be/7AoGu5WxduM

『ゲット・アウト』(2017)『透明人間』(2020)などホラー映画界を牽引する製作会社ブラムハウス・プロダクションズが、Amazon Studiosと手を組み製作したアンソロジー映画シリーズ『Welcome to the Blumhouse(原題)』より新たな米国版予告編が公開された。

Amazon Prime Videoにて240の地域・国で独占配信される『Welcome to the Blumhouse』は、家族と愛を取り巻く贖罪的・破壊的な題材を、作家独自の視点から紐解くシリーズ。最初の2作品『Black Box(原題)』『The Lie(原題)』が2020年10月6日に、続く2作品『Evil Eye(原題)』『Nocturne(原題)』が2020年10月13日に配信される。残りの4作品に関しては、2021年内に配信予定とのことだ。

前回公開された予告編は、最初に配信される4作品を一気に紹介する内容だったが、今回は一筋縄ではいかなそうな恐怖の幕開けを予感させる予告編が一挙4作品も公開されている。是非、覚悟の上でご視聴を……。

『Black Box』は、交通事故で妻を亡くしたシングルファーザーを描く物語。事故の影響で記憶まで失った父親は、実験治療を受けたことから、自分自身の存在に疑問を抱き始めていく。監督を務めるのはエマニュエル・オセー・クフォーJr.、脚本を執筆したのはステファン・ハーマン。出演者には『フロントランナー』(2018)のママドゥ・アティエ、『クリード』シリーズのフィリシア・ラッシャッド、子役のアマンダ・クリスティンが参加している。

『The Lie』は、親友を殺害したことを明かした10代の娘と両親を描く物語。娘の告白を受けて、両親は恐ろしい犯罪を隠蔽しようとするが、やがて複雑な負の連鎖に巻き込まれていく。監督・脚本を務めたのは、「運命の7秒」(2018)のヴィーナー・サッド。出演者には『キスから始まるものがたり』(2018)のジョーイ・キング、『マグニフィセント・セブン』(2016)のピーター・サースガード、『ワールド・ウォーZ』(2013)のミレイユ・イーノスが名を連ねている。

『Evil Eye』は、とある母親が、娘の新たな恋人と、自分自身の過去の間に不吉な因縁があることを知る物語。製作総指揮を『ベイウォッチ』(2017)のプリヤンカー・チョープラーが、監督をエラン&ラジーヴ・ダッサーニが務める。出演者には『王様のためのホログラム』(2016)のサリター・チョウドリー、「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」(2015-2019)のスニータ・マニ、「シリコンバレー」(2014-2019)のバーナード・ホワイトが参加している。

『Nocturne』は、名門の芸術院を舞台にした物語。臆病な音楽院生が、亡くなった同級生の謎のノートを発見したことを皮切りに、外交的で能力のある双子の姉妹よりも目立ち始める。監督を務めるのは新鋭ズ・キルケ。出演者には「ユーフォリア/EUPHORIA」(2019-)シドニー・スウィーニー、「ジュマンジ」シリーズのマディソン・アイズマン、「ザ・ソサエティ」(2019-)ジャック・コリモン、「インセキュア」(2016-)のイヴァン・ショーが名を連ねている。

あわせて読みたい

Source: Slash Film

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly