Menu
(0)

Search

「クイーン」ブライアン・メイ、『ボヘミアン・ラプソディ』超ヒットは「誰も予想していなかった」

ボヘミアン・ラプソディ
© 2018 Twentieth Century Fox

2018年、映画業界に衝撃をもたらした作品を一本挙げるとするならば、伝説のロックバンド・クイーンとフレディ・マーキュリーのキャリアと人生を魅力たっぷりに描いた『ボヘミアン・ラプソディ』だろう。

同年12月30日(米国時間)の時点で、本作の全世界興行収入は7億245万ドルを達成、米国では音楽伝記映画としての歴代興収記録を更新した。また日本でも、5週連続で週末興収成績を前週以上に伸ばし続けるという異例の推移を見せ、動員500万人&興収70億円を突破している。

この“超ヒット”に驚いたのは、なにも興行収入を分析するアナリストだけではない。本作で音楽総指揮を担ったクイーンのギタリスト、ブライアン・メイも、米Newsweekのインタビューにて「予想外だった」とのコメントを発しているのだ。

「ここまでの大ヒットになるなんて、誰も予想していませんでした。僕たちも、記録を更新するヒット作になるとは思っていなかったんです。」

ボヘミアン・ラプソディ
© 2018 Twentieth Century Fox

これまでにも作品の出来栄えに満足していることを語ってきたメイは、今回のインタビューでも、フレディ役のラミ・マレックについて「とても素晴らしい演技だった。フレディそのものになっていた」と絶賛を送っている。また、自らの若き日を演じたグウィリム・リーにも非常に感心させられたようだ。

「一緒にいる時、彼はいつでも僕のことを気にかけていましたね。僕が無意識にやっていたことを、彼は自分の演技に取り込んでいたんです。僕のクセや身体の動き、声のトーン。彼も僕そのものになっていたんですよ。」

年末年始を経て、『ボヘミアン・ラプソディ』はどこまで成績を伸ばすことになるのだろうか。いずれ来るBlu-ray&DVDのリリースにも期待しつつ、ぜひ映画館の優れた観賞環境で、ライブ・エイドのパフォーマンスを繰り返し楽しんでほしい。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は2018年11月9日(金)より全国の映画館にて公開中。

『ボヘミアン・ラプソディ』公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/

Source: Newsweek

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly