Menu
(0)

Search

『ボヘミアン・ラプソディ』キャスト、吹替声優まとめ ─ フレディ・マーキュリーらクイーンのメンバーを名演

ボヘミアン・ラプソディ
© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

We will, we will rock you!アカデミー賞主演男優賞をはじめ、編集賞・録音賞・音響編集賞に輝いた伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)。イギリスのロックバンドクイーン」と、そのボーカルであるフレディ・マーキュリーに焦点を当て、バンド結成からライヴエイド出演までの軌跡を描いた本作は、日本で社会現象と化すほどのメガヒットとなった。

クイーンのバンドメンバー役を演じたのは、ラミ・マレック(フレディ・マーキュリー役)、グウィリム・リー(ブライアン・メイ役)、ベン・ハーディ(ロジャー・テイラー役)、ジョー・マッゼロ(ジョン・ディーコン役)の4人。このほか脇を固める共演者には、ベテランから若手まで色とりどりの面々が揃った。このたび、本作の再鑑賞の助けとしてメインキャスト・吹替声優をまとめた。気になる俳優のこれまでの軌跡をチェックしてみよう。

ラミ・マレック(フレディ・マーキュリー役)

『ボヘミアン・ラプソディ』来日記者会見
©THE RIVER

1981年、アメリカ・ロサンゼルス出身。『ナイト ミュージアム』(2006)のアクメンラー役で映画初出演を果たし、『ナイト ミュージアム2』(2009)『ナイト ミュージアム エジプト王の秘密』(2014)にも出演した。ブレイクのきっかけとなったのは、ドラマ「MR. ROBOT ミスター・ロボット」(2015-2019)。同作で主役を演じ、エミー賞で主演男優賞の受賞を果たした。『バスターの壊れた心』(2016)で映画初主演。『ボヘミアン・ラプソディ」ではフレディ役を怪演し、ゴールデングローブ賞&アカデミー賞の主演男優賞をはじめ、同年の映画賞を総なめにした。そのほかの出演作としては、ポール・トーマス・アンダーソンの『ザ・マスター』(2012)、スパイク・リーの『オールド・ボーイ』(2013)など、錚々たる監督の作品に参加している。『ドクター・ドリトル』(2020)では声優も担当した。待機作としては『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』や、デヴィッド・O・ラッセル監督最新作などがある。

吹替版声優 櫻井トオル

ラミ・マレックをはじめ、『アメリカン・ハッスル』(2013)のジャック・ヒューストン、『ザ・ファイブ・ブラッズ』(2020)のジョナサン・メイジャーズ、『キングスマン』シリーズのエドワード・ホルクロフトなどで吹替を担当。アニメ作品としては、「銀の匙 Silver Spoon」駒場一郎役、「ポケットモンスター サン&ムーン」カキのリザードンをはじめさまざまなポケモン役、「SHAMAN KING」李白竜役などの声を担当した。

ルーシー・ボイントン(メアリー・オースティン役)

ボヘミアン・ラプソディ
© 2018 Twentieth Century Fox

1994年、アメリカ・ニューヨーク出身。『ミス・ポター』(2006)でレネー・ゼルウィガー演じる主人公の少女時代役を演じ、映画初出演を飾った。エマ・ワトソン主演の『バレエ・シューズ』(2007)など、さまざまな作品に子役として出演を重ねた後、ジョン・カーニーによる『シング・ストリート 未来へのうた』(2015)で一躍有名となる。『ボヘミアン・ラプソディ』では、フレディ・マーキュリーの元婚約者で、生涯を通じた友人となった女性メアリー役を演じた。ほか出演作に、ケネス・ブラナー監督『オリエント急行殺人事件』(2017)や、ダグ・リーマン監督『ロックダウン』(2021)など。

吹替版声優 川庄美雪

『ハリー・ポッター』シリーズのケイティ・リューング(チョウ・チャン役)をはじめ、数々の俳優陣の声優を担当している。アニメ作品としては、「ファイアボール」ドロッセル役、「ガッ活!」高千穂ちほ役、「映像研には手を出すな!」道頓堀透役などの声を当てた。

グウィリム・リー(ブライアン・メイ役)

『ボヘミアン・ラプソディ』来日記者会見
©THE RIVER

1983年、イギリス・バーミンガム出身。10代の頃に劇団に参加し、役者としての活動を開始。ドラマ「Animal Ark(原題)」(1997-1998)や、ドラマ「ランドガールズ」のファイナルシーズンにレギュラー出演した。ジョニー・デップ&アンジェリーナ・ジョリーの『ツーリスト』(2010)で長編映画初出演。『ボヘミアン・ラプソディ』ではクイーンのギタリストであるブライアン・メイを演じて知名度を高めた。そのほか、ドラマ「もう一人のバーナビー警部」(1997-) にも出演している。

吹替版声優 北田理道

『ボヘミアン・ラプソディ』のほか吹替としては、『ゴーストライダー2』(2011)のクリストファー・ランバート(メソディウス役)、『スーサイド・スクワッド』(2016)のスコット・イーストウッド(GQ・エドワーズ役)、『ライフ』(2017)のジェイク・ジレンホール(デビッド・ジョーダン役)の声を当てた。アニメ作品で担当しているのは、「進撃の巨人」「遊☆戯☆王ARC-V」「僕のヒーローアカデミア」「ゾイドワイルド ZERO」など。

ベン・ハーディ(ロジャー・テイラー役)

ベン・ハーディ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19733739646/ | Remixed by THE RIVER

1991年、イギリス・ドーセット出身。イギリスの演劇学校、ロイヤル・セントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマにて演技を学んだ。卒業後はさまざまな演劇に出演して、キャリアを重ねた。ブライアン・シンガーによる『X-MEN:アポカリプス』(2016)では長編映画初出演。『ボヘミアン・ラプソディ』ではクイーンのドラマーであるロジャー・テイラーを演じた。そのほかの出演作としては、『メアリーの総て』(2017)『オンリー・ザ・ブレイブ』(2017)『6アンダーグラウンド』(2019)がある。

吹替版声優 野島裕史

吹替としては、カン・ドンウォンやソン・ジュンギといった韓国俳優をはじめ、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)『エクス・マキナ』(2015)『ブレア・ウィッチ』(2016)『クルエラ』(2021)などでさまざまな俳優陣の声を担当してきた。アニメ作品としては、「灼眼のシャナ」池速人役、「メジャー」沢村涼太役、「デジモンセイバーズ」トーマ・H・ノルシュタイン役、「イナズマイレブン」豪炎寺修也役、「キングダム」蒙恬役など。

ジョー・マッゼロ(ジョン・ディーコン役)

『ボヘミアン・ラプソディ』来日記者会見
©THE RIVER

1983年、アメリカ・ニューヨーク出身。5歳の頃から子役として活動を開始した後、ハリソン・フォード主演『推定無罪』(1990)で映画初出演を果たした。以降、スティーブン・スピルバーグ監督による『ジュラシック・パーク』(1993)と『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』(1997)、『マイ・フレンド・フォーエバー』(1995)などの話題作に立て続けに出演し、キャリアを重ねていく。

『ボヘミアン・ラプソディ』では、クイーンのベーシストであるジョン・ディーコン役を演じた。そのほかの出演作としては、デヴィッド・フィンチャーによる『ソーシャル・ネットワーク』(2010)や、スピルバーグ監督によるテレビシリーズ「ザ・パシフィック」(2010)などがある。

吹替版声優 飯島肇

映画の吹替としては、『キングのメッセージ』(2016)チャドウィック・ボーズマン(ジェイコブ・キング役)、『プライベート・ウォー』(2018)スタンリー・トゥッチ(トニー・ショウ役)など、数多くの俳優の声を担当してきた。アニメ作品としては、「青の祓魔師」「BLEACH」「金色のガッシュベル!!」などで声を当てている。

エイダン・ギレン(ジョン・リード役)

ボヘミアン・ラプソディ
© 2018 Twentieth Century Fox

1968年、アイルランド・ダブリン出身。旧芸名はエイダン・マーフィー。10代より演技を始める。1985年、短編『The Drip(原題)』に出演して以降、『ザ・クーリア』(1987)『サークル・オブ・フレンズ』(1995)「THE WIRE/ザ・ワイヤー」(2002-2008)など、テレビ・映画の両方で出演を重ねる。「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)では、ピーター・ベイリッシュ役でメイン出演を果たした。ほか出演作は『ダークナイト ライジング』(2012)『シング・ストリート 未来へのうた』、『メイズ・ランナー』シリーズなど。

吹替版声優 志村知幸

劇団俳優としてキャリアを開始。2000年代頃から声優業に進出し、アニメや吹き替えを担当し始める。声優として参加した主なアニメ作品は、「ポケットモンスター」「犬夜叉」「デジモンフロンティア」「銀魂」など有名作多数。吹き替えとしては「ARROW/アロー」(2012-2020)「THE FLASH/フラッシュ」(2014-)ダミアン・ダーク役ニール・マクドノーや、『イップ・マン』シリーズでのルイス・ファンの声を担当している。

アレン・リーチ(ポール・プレンター役)

ボヘミアン・ラプソディ
© 2018 Twentieth Century Fox

1981年、アイルランド出身。1998年よりアイルランドの劇場で演技を始める。2000年に入り、ドラマや映画にも進出。『The Escapist(原題)』(2002)『カウボーイズ&エンジェルズ』(2003)「ROME[ローマ]」(2005-2007)などに出演した。ドラマ「ダウントン・アビー」(2010-2015)でトム・ブランソン役を演じ、一躍注目を浴びる。その後、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(2017)『ザ・ボディガード』(2018)『ボヘミアン・ラプソディ』などで知名度を更に上げた。2019年に映画版『ダウントン・アビー』で同役を再演した。

吹替版声優 鈴木正和

1990年代後半より声優業を開始。アニメ・ゲーム・吹き替えなど、多岐にわたる活躍を見せる。これまでに携ったアニメ作品は「星界の戦旗」「火の鳥」「NARUTO -ナルト-」「ルパン三世 魔術王の遺産」など。吹き替えでは、『死霊のはらわた』(1981)アッシュ役のブルース・キャンベルや『リリーのすべて』(2015)のベン・ウィショーなどを担当した。

トム・ホランダー(ジム・ビーチ役)

ボヘミアン・ラプソディ
© 2018 Twentieth Century Fox

1967年、オックスフォード出身。子供の頃から青少年ミュージカル劇団に所属し、演劇に親しむ。ケンブリッジ大学に入学し、演技にさらに磨きをかける。1981年、BBC製作のドラマ「ジョン・ダイアモンド」で主演を務め、俳優デビュー。その後もドラマ・映画で継続的に出演を重ねる。主な出演作は『プライドと偏見』(2005)や『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』(2013)『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(2015)「ナイト・マネジャー」(2016)『バード・ボックス』(2018)など。次回作に『キングスマン: ファースト・エージェント』を控えている。

吹替版声優 赤城進

2000年代初頭から活動を開始。アニメ作品では「一騎当千」「しゅごキャラ!」「キングダム」などに出演。アニメ・ゲームと同時並行で映画吹き替えも担当する。主な作品は、『バイオハザード』(2002)『ドーン・オブ・ザ・デッド』(2004)『ナイト ミュージアム』(2007)『X-MEN: フューチャー&パスト』(2014)など。

マイク・マイヤーズ(レイ・フォスター役)

Mike Myers マイク・マイヤーズ
Photo by Joella Marano https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Mike_Myers_2011.jpg

1963年、カナダ出身の俳優、コメディアン、脚本家。コメディアンになることを夢見て、高校卒業後に米シカゴの名門即興コメディ劇団「セカンド・シティ」に入団。1989年からは、「サタデー・ナイト・ライブ」にレギュラー出演するようになり、人気を博す。同番組では、エミー賞を受賞した。「サタデー・ナイト・ライブ」での1コーナーを映画化した『ウェインズ・ワールド』(1992)では、出演&脚本を兼任。1993年には続編『ウェインズ・ワールド2』も製作された。表舞台での活動をしばらく中断し、1997年からの『オースティン・パワーズ』シリーズで復帰を飾る。全3作で脚本・出演・製作を兼任した。アニメ『シュレック』シリーズでは主人公シュレックの声を務めた。ほか出演作には、『イングロリアス・バスターズ』(2009)『アニー・イン・ザ・ターミナル』(2018)など。

吹替版声優 咲野俊介

俳優としてキャリアを始め、24歳の時に劇団に入団。声優としては、『トイ・ストーリー』シリーズのハム役で知られる大塚周夫の死後、『トイ・ストーリー 4』(2019)から2代目ハム役に抜擢される。ハム役のほか、「ザ・バットマン」「ジェネレーター・レックス」「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」「スター・ウォーズ 反乱者たち」など、海外アニメ作品の吹き替えを多数担当。映画での主な担当俳優は、パトリック・ウィルソンやマーク・ウォルバーグ、ベン・アフレック、イーサン・ホークら。

アーロン・マカスカー(ジム・ハットン)

ボヘミアン・ラプソディ
© 2018 Twentieth Century Fox

1978年、北アイルランド出身。2001年、スコットランド王立音楽演劇アカデミー(現:スコットランド王立音楽院)を卒業した後に、活動の拠点をロンドンに移す。キャリア初期はドラマ作品で活躍。「S.A.S. 英国特殊部隊」(2002-2008)「ザ・ビル」(1984-2010)「恥はかき捨て」(2004-2013)などに出演する。その後も「デクスター 警察官は殺人鬼」(2006-2021)「法医学捜査班」(1996-)「24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ」(2014) などで活躍。映画としては、『ファイナル・スコア』(2018)『ボヘミアン・ラプソディ』『バックドラフト2/ファイア・チェイサー』(2019)に出演した。

吹替版声優 花輪英司

1999年より声優として活動を開始。「クレヨンしんちゃん」「それいけ!アンパンマン」「金色のコルダ〜primo passo〜」「スイートプリキュア♪」などに参加。吹き替えでは、「ゲーム・オブ・スローンズ」でキット・ハリントン演じるジョン・スノウの声で知られる。このほか『オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式2』(2010)のアダム・スコットや『パパVS新しいパパ』シリーズのマーク・ウォルバーグの声を担当した。声優のほかナレーターとしても活動している。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly