Menu
(0)

Search

『007』第25作、『トレインスポッティング』ダニー・ボイル監督が正式就任 ― 2018年12月より撮影開始

007
Photo by www.GlynLowe.com https://www.flickr.com/photos/glynlowe/22549225906

ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンド役を務める、映画『007』シリーズの第25作(タイトル不明)に、『トレインスポッティング』(1996)や『スラムドッグ$ミリオネア』(2008)、『スティーブ・ジョブズ』(2015)のダニー・ボイル監督が正式に就任した。『007』シリーズの公式Twitterにて発表されている。

『007 カジノ・ロワイヤル』(2006)から“世界一有名なスパイ”ジェームズ・ボンドを演じてきたクレイグにとって、来たる第25作は5回目の登板。既報の通り、脚本は『トレインスポッティング』シリーズのジョン・ホッジが執筆する。

2018年2月時点で、ボイル監督とホッジは第25作への正式就任を目指して『007』の脚本作業に入っていると報じられていた。プロデューサー陣は、シリーズの常連作家であるニール・パーヴィス&ロバート・ウェイドによる脚本と比較して、ボイル&ホッジ組のシナリオを選んだということだろう。
なお、ボイル監督が「(就任の場合)撮影は年末あたりになるかな」と以前話していたように、『007』第25作の撮影は2018年12月3日より開始される

実はボイル監督にとって、ジェームズ・ボンドを撮るのは本作が2度目となる。2012年に開催されたロンドン・オリンピックの開会式典を演出した際、ボイル監督は短編映像『Happy & Glorious(原題)』にクレイグ演じるボンドを登場させ、エリザベス2世女王本人と共演させていたのである。

映画『007』第25作(タイトル未定)は2019年11月8日に米国公開予定。シリーズ恒例、英国では少し先がけて2019年10月25日の公開予定だ。米国配給はアンナプルナ・ピクチャーズ、海外配給はユニバーサル・ピクチャーズが担当する。

Sources: James Bond, The Playlist
Eyecatch Image: Photo by www.GlynLowe.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly