Menu
(0)

Search

ハーレイ・クインのスピンオフ映画に『アイアンマン』『ヴェノム』の撮影監督が参加 ― タイトルは『バーズ・オブ・プレイ』から変更か

スーサイド・スクワッド
SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

マーベル・コミックを原作とする重要な映画2作品に携わってきた撮影監督が、DCコミックス作品に初参戦する。
『スーサイド・スクワッド』(2016)のハーレイ・クインを主人公とするスピンオフ映画『バーズ・オブ・プレイ(邦題未定、原題:Birds of Prey)』に、『アイアンマン』(2008)や『ヴェノム』(2018)で撮影監督を務めたマシュー・リバティークが参加することがわかった。

フィリピンのメディアGMA NEWSのインタビューにて、マシュー氏は『バーズ・オブ・プレイ』への参加を認めている。

今は『バーズ・オブ・プレイ』と現在呼ばれている映画の準備をしています。たぶん別のタイトルになるんですが。ワーナー・ブラザース製作で、監督は『Dead Pigs(原題)』という中国映画を撮ったキャシー・ヤン。楽しみにしていますよ。
スーパーヒーロー映画ですが、今回はマーベル・ユニバースではなくDCユニバースで、マーゴット・ロビーが出演するのも楽しみですね。(ハーレイ・クインの)オリジン・ストーリーのようなところが少しあって、そこも魅力的なんです。でも今は(製作に向けた)話し合いの初期段階なので。」

スーサイド・スクワッド
SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

マシュー氏はマーベル・シネマティック・ユニバースの皮切りとなった『アイアンマン』と続編『アイアンマン2』(2010)、そしてソニー・ピクチャーズがコミック「スパイダーマン」を原作に新機軸を打ち出した『ヴェノム』に参加している。いわばマーベル映画の重要な局面に携わってきた人物だけに、DCコミックスではどんな映像を見せてくれるのか楽しみだ。
奇しくも『バーズ・オブ・プレイ』は、数々の企画が存在するハーレイ・クインのスピンオフ映画第1弾となる。こちらも重要な局面といって差しつかえないだろう。ちなみに本作のタイトルは、原案コミックの題名である『バーズ・オブ・プレイ』から変更される可能性が高そうだ。

ところでマシュー氏はマーベル映画以外にも、同名グラフィック・ノベルを原作とする『カウボーイ&エイリアン』(2011)で撮影を担当しているが、コミック映画としては『ヴェノム』までに約7年のブランクがある。その間には『ルビー・スパークス』(2012)や『ストレイト・アウタ・コンプトン』(2015)、『マザー!』(2017)などに携わり、最新作は『アリー/ スター誕生』(2018年12月21日公開)だ。なぜマシュー氏は、『ヴェノム』でコミック映画に復帰することを決めたのだろうか?

「(やらなくなって)寂しくなったんですよ。“隣の芝は青く見える”というか、ああいう作品をやっていると、もっと小さな映画に参加したくなるし、小さい映画をいくつかやると、また大作をやりたくなる。だから僕は幸運で、それに積極的に挑戦したかったものですしね。」

ヴェノム
『ヴェノム』(2018年11月2日公開)©&TM 2018 MARVEL

『ヴェノム』のルーベン・フライシャー監督とマシュー氏は、以前CMの仕事でともに作業をした経験があるという。かつて顔を合わせた監督との共同作業も、マシュー氏が『ヴェノム』を引き受けた理由のひとつだったそうだ。ちなみにマシュー氏は、大作ヒーロー映画ならではの苦労をこのように語ってもいる。

「いろんな人の意見が出て、たくさんのストーリーボードがあって、VFXもある。こういう映画で無茶はできません。すべてをあるべき形にしなければならなくて、即興の余地は少ないんですよ。撮影に入る前段階できちんとコミュニケーションを取らなくてはなりません。すごく大勢の人間が、自分の仕事をしなければいけないんですから。」

『バーズ・オブ・プレイ』にはハーレイ・クイン役のマーゴット・ロビーをはじめ、ヘレナ・バーティネリ/ハントレス役でメアリー・エリザベス・ウィンステッド、ダイナ・ランス/ブラックキャナリー役でジャーニー・スモレット=ベルが出演。撮影は2018年末から2019年初頭にも始まる予定で、脚本は『バンブルビー』(2019年春公開)や『バットガール(原題:Batgirl)』の女性作家クリスティーナ・ホドソンが執筆する。監督には元新聞記者という異色の経歴を持つキャシー・ヤンが起用された。

映画『バーズ・オブ・プレイ(仮題)』は2020年2月7日に米国公開予定

Source: GMA NEWS

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly