Menu
(0)

Search

ハリウッド版『ゴジラ』と続編つなぐ正史コミック、米国で発売決定 ― モンスターバースに新怪獣参戦

GODZILLA ゴジラ
©Warner Bros. 写真:ゼータ イメージ

ハリウッド版映画『GODZILLA ゴジラ』(2014)と続編『GODZILLA ゴジラ2(邦題未定、原題:Godzilla: King of the Monsters)』をつなぐ、「モンスターバース」の正史コミック(グラフィック・ノベル)が米国にて発売される。米Nerdistほか複数のメディアが伝えている。

映画で描かれないストーリーを紡ぐ新作コミックのタイトルは「Godzilla: Aftershock(原題)」。『GODZILLA ゴジラ』や『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)などのモンスターバース作品を手がける米レジェンダリー・ピクチャーズのコミック部門、レジェンダリー・コミックスが2019年春から刊行する予定だ。

GODZILLA ゴジラ
©Warner Bros. 写真:ゼータ イメージ

情報によれば、このコミックには『GODZILLA ゴジラ2』でヴェラ・ファーミガが演じる女性エマ・ラッセルが登場。特務研究機関モナークの優秀な科学者であるエマは、かつて人類史を変えた大きな悲劇に恐ろしい秘密が隠されていたことを明らかにしていくとともに、再び起ころうとしている脅威を防ぐために動くことになるようだ。秘密を暴くために世界を旅するエマを謎の人物が追う中、ゴジラは地球と同じほどの歳月を重ねた古代の怪獣と激突する。世界の運命は、この対決に委ねられているのだった……。

「Godzilla: Aftershock」では『GODZILLA ゴジラ』以降のゴジラやモナークの物語が描かれるほか、『GODZILLA ゴジラ2』の主要キャラクターが紹介される。また『ゴジラ』シリーズの伝統を忠実に守りつつも、オリジナルの新たな怪獣がモンスターバースへと参戦することになるようだ。

脚本を執筆するのは、『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)の関連コミック作品「Skull Island: The Birth of Kong(原題)」を手がけたアーヴィッド・ネルソン。作画はDCコミックス「ワンダーウーマン」など多数の作品に携わってきたドリュー・エドワード・ジョンソンが担当する。

コミック「Godzilla: Aftershock(原題)」は2019年春より米国にて刊行予定。詳細はレジェンダリー・コミックスのFacebookページで随時告知されるという。
なお、映画『GODZILLA ゴジラ2(邦題未定、原題:Godzilla: King of the Monsters)』は2019年5月31日米国公開予定。

Source: Nerdist

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly