Menu
(0)

Search

人気ゲーム『ボーダーランズ』実写映画版、ケイト・ブランシェットがリリス役で出演交渉中

Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/14785941791/

『キャロル』(2015)『オーシャンズ8』(2018)の女優ケイト・ブランシェットが、人気シューティングRPG『ボーダーランズ』シリーズの実写映画化企画で、リリス役として出演交渉に入っているという。米Varietyが報じている。

Gearbox Software開発の『ボーダーランズ』は、シューティングRPGの金字塔とも呼ばれるほどの超名作シリーズ。銀河の惑星“パンドラ”を舞台に、プレーヤーは宝を探し求めるヴォルト(トレジャー)ハンターとなり、モンスターや無法者たちと戦うゲームとなっている。

この度、ケイトが出演交渉中のリリスとは、銀河で6人しか存在しない人知を超えた能力を兼ね備える「サイレーン」の一員。初代『ボーダーランズ』では、透明化して高速移動するという最強の能力を誇ったプレイヤー・キャラクター、2作目以降はNPCとして登場している。なお『ボーダーランズ 3』の公式Twitterアカウントが、Varietyの同記事を取り上げていることも気になるところだ。

実写版で監督を務めるのは、『ホステル』シリーズや『ノック・ノック』(2015)などで知られるイーライ・ロス。脚本家は、「チェルノブイリ」(2019)でエミー賞脚本賞に輝いたクレイグ・メイジンが執筆する。プロデューサーには、『スパイダーマン』『ヴェノム』シリーズなど多くのアメコミ実写映画を手掛けるアヴィ・アラッドと息子のアリ・アラッドなどが就任。製作はアヴィが率いる製作会社アラッド・プロダクションズとライオンズゲートが共同で担当し、撮影開始は2020年内を予定している。

あわせて読みたい

Source: Variety

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly