Menu
(0)

Search

『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』貴公子ボルグ、実は暴れん坊だった ─ 激昴する幼少期の本編映像が到着

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男
© AB Svensk Filmindustri 2017

「氷の男」ボルグと「炎の男」マッケンローが1980年ウィンブルドン決勝戦でぶつかった世紀の名試合と、その舞台裏に迫った映画ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男が、本日2018年8月31日(金)より全国で順次公開される。
このたび、公開にあわせて“氷の男”ボルグの幼少期時代の本編映像が到着した。

彫刻のように美しいビジュアル、コンピューターのように冷静沈着な立ち振る舞い、そして神がかったプレイで“貴公子”と呼ばれていたボルグだが、幼少期は意外にもマッケンローと同じようにすぐ激高する性格だった。

このたび公開されたシーンでも、ボルグは試合中に相手得点のジャッジを不服とし「アウトだ、ヘボ審判!」と激怒する。その行動に審判から「非スポーツマン行為だ」とペナルティの点数が入れられ注意を受けたため、さらに怒り狂ってラケットをコートに何度も投げつけてしまう。ボルグは得点を入れる度に気合の絶叫も上げており、“貴公子”のネーミングからは想像もできない姿を見せている。

この素行に合わせ、ラケットの持ち方も野球のような両手打ちで技術の不十分さを露呈していたことにより、ボルグは幼少期から故国スウェーデンで頭角を現していたものの、「地元のクラブもお手上げの厄介者」とクラブのコーチから言われてしまう。だが国の代表監督レナートに才能を見込まれて修行を積んでいくうちに、幼少期とは180度違う、コンピューターのように冷静沈着な立ち振る舞いで、絶対王者として君臨するようになっていくのだった。

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男
© AB Svensk Filmindustri 2017

ボルグは“悪童”マッケンローとは正反対だと言われてきたが、怒りの表現手段が正反対なだけで、実は似た者同士だったのだという驚きの事実が本映像からは見て取れるだろう。それぞれが種類の違うプレッシャーと格闘し、短気を封印して集中力を身につけていったのだ。80年代のレジェンドにして、今なおテニスプレイヤーの頂点の存在として歴史を作った、ボルグVSマッケンローの熱き闘いを是非スクリーンで確かめたい。

映画『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』は、2018年8月31日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国順次公開。

『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』公式サイト:http://gaga.ne.jp/borg-mcenroe/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly