『スター・ウォーズ』ライアン・ジョンソン監督の新3部作、変わらず企画進行中 ― 製作トラブルの噂を否定

スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)のライアン・ジョンソン監督が製作する、『スター・ウォーズ』シリーズの新3部作は現在も変わらず進行しているようだ。監督がTwitterにて認めた。

ライアン監督による『スター・ウォーズ』新3部作は、2017年11月、『最後のジェダイ』の劇場公開に先がけて製作が発表された。従来の『スター・ウォーズ』映画作品に一貫していたスカイウォーカー・サーガではなく、新たなキャラクターによる新しい物語が描かれるという。ライアン監督は3部作の製作統括を務め、第1作では脚本・監督を担当。早ければ2020年にも劇場公開されるとの報道もある


このたびライアン監督は、Twitterにてファンの質問に応答。「今でも『スター・ウォーズ』3部作には関わってますか? 楽しみにしてます」とのコメントに対して、「うん(Yup.)」と返している。

ライアン監督による新3部作は、まだ本格始動してもいないうちから、なぜか厳しい滑り出しとなってしまった。ルーカスフィルムが自信をもって送り出した『最後のジェダイ』はファンの間で賛否両論を呼び、一部のファンはライアン監督に激しい攻撃を繰り返し、いまだ何ひとつ予想もつかない新3部作までもがバッシングされることすらあったのだ。さらに『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)がスタジオ側の思惑ほどヒットしなかったことで、スピンオフ映画が保留されるとの報道が流れ、ライアン監督の新3部作についても「どうやら進行しているようだが、進捗状況はわからない」という事態になった。

 

このたびファンがライアン監督に「まだ関わっていますか?」と尋ねたのには、先日からオンライン上で「ライアン監督の3部作が保留になった」との噂がにわかに囁かれていたという背景がある。3部作の企画ごと立ち消えになったというもの、ライアン監督が更迭されたというもの、ライアン監督の構想がボツになったというもの、その内容は様々だった。ライアン監督の反応は、一連の噂をひとまず否定するものだろう。

ちなみに2018年6月の時点で、新3部作のプロデューサーを務めるラム・バーグマン氏は「企画は初期段階」だと明かしていた。水面下で準備が進められていることは間違いないものの、今は進捗が伝わってこないのが自然な状態といえそうだ。ひとまずは「スカイウォーカー・サーガ」の完結編となる、『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』に気持ちを集中しよう…!

Sources: Rian Johnson, SR, WGTC
Eyecatch Image: Photo by Dick Thomas Johnson

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。