Menu
(0)

Search

『ボーン』シリーズ最新作、ポール・グリーングラス監督の復帰予定なし「もうやり切りましたよね」

ジェイソン・ボーン
(C)Universal Pictures

2019年10月、スパイアクション映画『ボーン』シリーズの新作映画が発表された。現時点で、出演者および監督は発表されていない。

『ボーン』シリーズ最新作では、スピンオフドラマ「トレッドストーン」(2019)と世界観を共有する内容になると伝えられている。監督には、『ボーン・スプレマシー』(2004)『ボーン・アルティメイタム』(2007)『ジェイソン・ボーン』(2016)とシリーズを牽引してきたと言っても過言ではないポール・グリーングラスの復帰が期待されるが、果たして本人は興味あるのだろうか。

The Playlistのインタビューに、ポール・グリーングラス監督が登場。『ボーン』シリーズの近況についた問われたところ、「最近は何も聞かされてないので、実際に彼らが何を計画しているのかは私にも分かりません。ただ、『ボーン』の新作映画は間違いなく作られるでしょう。そう願っています」と語っている。

クリント・イーストウッド特集

新作映画が現在も進行していることを伺えたのは朗報といえるが、監督として復帰する可能性は低そうだ。「私が参加するかは分かりません。正直に言って、僕はもうやり切りましたよね?ただ、映画も俳優陣も大好きです。彼らの幸運を祈っています」。

2020年5月には、プロデューサーのフランク・マーシャルが「今こそ新しい映像作家たちを取り入れるべきでしょう。なので、ボーンの新たな物語と監督を見つけられることを祈っています」とも語っていた。つまり、ポール・グリーングラス監督だけでなく、『ボーン・アイデンティティー』(2002)ダグ・リーマン監督の復帰の可能性も低いと言えるだろう。新しい映像作家が、シリーズに新風を巻き起こすことに期待しよう。

Source: The Playlist

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly