Menu
(0)

Search

もちろん「オビ=ワン」は配信初日に観たジョン・ボイエガ「僕たちの、いや、僕のアナキンが戻ってきた」

パシフィック・リム:アップライジング
©THE RIVER

スター・ウォーズ』続3部作でフィン役を演じたジョン・ボイエガは、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019)でシリーズを卒業したが、“遥か彼方の銀河系”への愛は全くい薄れていないようだ。

続3部作で大役を射止めて注目されたボイエガは、トリロジーの終了後も出演作が目白押しで、現在は複数の新作映画が待機中。そんな多忙を極めたスケジュールにおいても、『スター・ウォーズ』関連の新作はしっかりチェックしている様子。

The Wrapのインタビューに応じたボイエガが、「ディズニープラスの『スター・ウォーズ』ドラマは御覧になっていますか?」と質問され、「もちろん観ていますよ!配信初日に観てます。『オビ=ワン・ケノービ』は堪能しましたね」と答えた。ボイエガは、なぜ「オビ=ワン・ケノービ」が一番好きなのか、その理由も明かしている。

「楽しい作品だし、ユアン(・マクレガー)を見れたのが良かったですね。それから僕たちのアナキン……、いや、僕のアナキン。僕のアナキンが戻って来ましたから。彼がより多くのニュアンスをもって描かれ、さらなる彼のストーリーが語られているし、観てるだけで最高すぎました。

そう興奮気味に語ったボイエガは、「僕のアナキン」と言う部分では首を縦に何度も振りながら、アナキン・スカイウォーカー/ダース・ベイダーへの想いを吐露。同役を再演したヘイデン・クリステンセンの復帰に感激した模様で、いちファンとして熱く語った。

ボイエガだけでなく、ディズニープラスの『スター・ウォーズ』ドラマシリーズを堪能しているファンは、続々とお楽しみが待っている。2022年8月31日にディズニープラスで「キャシアン・アンドー」がデビューし、2023年2月に「マンダロリアン」シーズン3が配信予定だ。

あわせて読みたい

Source:The Wrap

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly