『スター・ウォーズ』『パシフィック・リム』ジョン・ボイエガ、エピ9は「全戦争を終結させる戦争」、パシリム2のイェーガーは「まるでバレリーナ」

冷静に考えて、ジョン・ボイエガはずるい。ミレニアム・ファルコン号に乗り、ライトセーバーで戦ったかと思えば、今度は巨人兵器イェーガーで怪獣と大バトルだなんて…。

映画ファンの憧れをかっ食らうジョン・ボイエガは、自身の主演作『パシフィック・リム:アップライジング』と共にニューヨーク・コミコンに登場。Coming Soon.netは、そこでジョン・ボイエガから得た『スター・ウォーズ/エピソード9』に向けてのコメントを伝えている。

『エピソード9』では、降板したコリン・トレボロウ監督に代わって『フォースの覚醒』(2015)のJ.J.エイブラムス監督が復帰。これについて「一周して戻ってくるような感じが堪らないですよね」と前向きな意見を示している。ついにサーガが終結する『エピソード9』については、以下のようにコメントした。

「僕は脚本や物語について何も知りません。フィンがどうなるのか、レイがどうなるのかも知らないんです。でも間違いなく、この映画の全ての戦争を終結させる戦争だという感覚があります。彼(J.J.エイブラムス監督)がどう捌くのかが知りたいですね。たくさん質問をしたんですが、ちゃんとJ.J.と話す機会や、祝福と興奮を伝える機会もなかった。彼はいま、睡眠と英気を養う時間が必要だと思います。3部作のうちの1作をまたやるんですから!でも、いつも通り素晴らしい仕事をしてくれると思います。彼はJ.J.ですからね。」

果たしてジョン・ボイエガの言う「全ての戦争を集結させる戦争」とは。壮大なスケールの闘いが待ち構えていそうであるが、その戦火の先に見えるのは、ファースト・オーダーの最高指導者スノークの姿だ。未だ謎に包まれたこの最強のヴィランについてComicbook.comのレポートが伝えたところによると、ジョン・ボイエガは自身が巨大怪獣と戦う『パシフィック・リム:アップライジング』にかけて、こう表現した。

「スノークだったら、多分僕たち(『パシフィック・リム』劇中のチーム)と何かできるかも。でも、彼の家も破壊できますけどね。」

『パシフィック・リム』のPPDC(環太平洋防衛軍)がスノークと闘うなら、倒し方のコツは?ボイエガは、「彼が憎しみに溢れすぎるまで怒らせる。ルーク・スカイウォーカーは仲間になってくれると思います」と語った。

なお、ボイエガはIGNのインタビューに対して『パシフィック・リム:アップライジング』の戦闘は前作に比べて「違った戦い方」になるとも明かしている。

「(『アップライジング』では)僕たちはアップグレードされています。ロボットはもっと速く動きます。そう、まるでバレリーナみたいですね。凄いですよ。」

ジョン・ボイエガ演じるフィンらレジスタンスのその後を描く『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日公開。
また、イェーガー・パイロットとなってカイジュウ・モンスターに挑む『パシフィック・リム:アップライジング』は2018年3月23日全米公開。

続編『パシフィック・リム:アップライジング』予告編公開!前作の10年後が舞台、機動性を増した圧巻のバトルシーン

 

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • はー 2017年10月8日 at 12:49 PM

    「全ての戦争を終わらせるための戦争」といえば第一次大戦ですが、兵器や自動機械=ドロイド?を使った戦争が中心になるんでしょうか。
    ディズニーとしてはスターウォーズを続けたいわけですから、JJエイブラムスによってパリ講和会議のような「平和を終わらせるための平和」で終わりそうな気がしますが・・・

    Reply