Menu
(0)

Search

「ザ・ボーイズ」シーズン2の「ストレンジャー・シングス」イレブンっぽい能力者が再登場へ「相変わらず危険な存在」

ザ・ボーイズ シーズン2

前シーズンと比べて更に多くのスープス(スーパーパワーを持つ人間の意)が登場したザ・ボーイズシーズン2。とりわけ強い印象を残したスープスといえば、第6話に登場し、圧倒的な能力を見せた丸刈り姿のスープス、シンディだ。

ショーランナーを務めるエリック・クリプキによれば、シンディは今後のシーズンで再びその姿を見せることになるという

この記事には、「ザ・ボーイズ」シーズン2第6話のネタバレが含まれています。

シンディが登場したのはシーズン2第6話。スーパー・テロリストを生み出すための実験を密かに行っていた精神病院“セージ・グローブセンター”から脱走したスープスたちの中でも、ただならぬ存在感を放っていた。

作中では、手を握る仕草をしただけで距離が離れた人間をグチャグチャに潰すなど、未知数の能力を見せたシンディ。その容姿や出自などから、人気シリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」(2016-)に登場するイレヴンを彷彿とさせる。そんなシンディは、“セブン”の1人、ストームフロント(アヤ・キャッシュ)に気絶させられて以来、姿を現していない。

このたびTwitterにて、シンディの居場所を訊かれたクリプキは「シンディはどこかにいます」と発言。「相変わらず危険な存在ですよ」と答えている。更にクリプキは、シンディの再登場に関しても言及。強烈な印象を残したシンディが姿を見せることを確約している。

「作品を作っているときって、後になって使えるように地雷をいろんなところに少し埋めとくんです。シンディは戻ってきますよ。いつになるかは分かりませんけど、この作品が終わる前にはまたシンディを見られます。これは確かですね。」

“セージ・グローブセンター”でシンディとは違った意味で強烈な印象を残したスープスといえば、伸長するイチモツでマザーズミルク(ラズ・アロンソ)を襲ったラブ・ソーセージだ。このキャラクターに関しては、すでに脚本家が再登場を検討しているという。

イチモツ・スープス復帰の可能性

Source: Eric Kripke  Twitter

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly