Menu
(0)

Search

『ブラックパンサー』アンディ・サーキス、アクション撮影で本気の膝蹴りを食らっていた ─ 「骨が折れたかと思った」

アンディ・サーキス
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/36077836522/

2018年、アメリカで社会現象となった大ヒット映画ブラックパンサー(2018)の撮影中、名優アンディ・サーキスがアクションシーンで本気の膝蹴りを食らっていたことがわかった。つらい……。

マーベル・シネマティック・ユニバースにおいて、アンディは『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)『ブラックパンサー』で武器商人ユリシーズ・クロウ役を演じた。撮影中に本気の膝蹴りを食らってしまったのは、映画中盤の韓国でのチェイス・シーンだったという。米PeopleTVのビデオ・ポッドキャスト「Couch Surfing」にて、アンディは当時の様子を振り返っている。

「追跡のシーンはティ・チャラ、チャド(チャドウィック・ボーズマン)のキャラクターが僕を追いかけて、捕まえて終わるんです。夜の撮影だったんですが、一番最初のテイクで、彼がものすごい力で膝蹴りしてきたんですよね、胸のところを。マスクを被っていて、よく見えなかったからなんですけど(笑)。肋骨が折れたと思いました。」

ところで『ブラックパンサー』では、このカーチェイス・シーンは、韓国での大規模なロケ撮影を経て作り上げられている。ただしアンディによれば、その幕切れとなるティ・チャラとユリシーズ・クロウのシーンは米国アトランタにて別に撮影されていたようだ。

「飛行機で着いたばかりで時差ボケしてたんですよ。で、肋骨が折れたと思ったわけです。しかも最終的に、(このシーンを)1日に30回くらい撮りましてね。僕の方は(胸を押さえて)“オーケー…”ですよ。車がひっくり返って、クラッシュするのを全部やったんです。もう、僕はここで死ぬんだなって(笑)。」

『ブラックパンサー』の撮影にあたって、主演のチャドウィック・ボーズマンは激しいアクションのためトレーニングを重ねている。その膝蹴りを食らっても一応は平気だったあたり、さすがはアンディも日々の訓練が身体に活きていたということだろうか……。『ブラックパンサー』を見直す際には、アンディ自身がスタントに臨んでいることも意識しながら、その舞台裏にもちょっとだけ思いを馳せてみてほしい。

映画『ブラックパンサー』MovieNEXは発売中。

Source: EW

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly