マーベル『ブラックパンサー』超高評価でRotten Tomatoesの認定入り!サントラ配信開始、米国公開迫る

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の最新映画『ブラックパンサー』が、MCU作品としては異例の高評価のまま、米国の映画レビューサイトRotten Tomatoesの認定を受けている。

『クリード チャンプを継ぐ男』(2015)のライアン・クーグラー監督が手がけた本作は、2018年2月16日(現地時間)の米国公開を控えて、がぜん盛り上がりを見せる一方だ。先日Rotten Tomatoesにて批評家スコアが初発表された際には、すべてのレビューが好意的評価を示して「100%フレッシュ」を記録していたのである。

その後『ブラックパンサー』には、次々と批評家からのレビューが投稿されて同サイトの基準を満たし、無事に同サイトが品質を保証する「認定フレッシュ(CERTIFIED FRESH)」を受けるに至った。認定を受けた際、本作は「99%フレッシュ」を記録。残念ながら「100%」の牙城は崩れてしまったものの、依然としてそのクオリティには高い評価が寄せられている。

なお現在、Rotten Tomatoesにおける『ブラックパンサー』の批評家スコアは「98%フレッシュ」(2月9日17:30時点)。全83件のレビューのうち、81件が肯定的評価、2件が否定的評価を示している。さて、ここからスコアはどのように変化していくだろうか?

『ブラックパンサー』はワールド・プレミア上映から非常に高い評価を受けており、鑑賞者からは「文化的な事件」「ずば抜けて政治的で、これがマーベル映画だということを思い出さなければいけないほど」「史上最もアカデミー賞に近いマーベル・スタジオ作品」といった声があがった。米国公開後、きっとさらなる評判が日本にも届いてくることだろう。

 

なお本作の注目ポイントは、第60回グラミー賞で5部門を獲得した当代随一のラッパー、ケンドリック・ラマーが音楽のプロデュースを担当したところにもある。2018年2月9日より、彼がキュレート&プロデュースを手がけたサウンドトラック兼コンセプト・アルバム『ブラックパンサー ザ・アルバム』の配信がスタートした。いち早く聴き込んで、来たる本作の日本公開に備えておいてほしい。

映画『ブラックパンサー』は2018年3月1日より全国ロードショー

Sources: http://comicbook.com/marvel/2018/02/08/black-panther-rotten-tomatoes-certified-fresh-score/
https://www.rottentomatoes.com/m/black_panther_2018/
©MARVEL STUDIOS 写真:ゼータ イメージ

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。