Menu
(0)

Search

『ブラックパンサー』ヴィランには当初クレイヴン・ザ・ハンターが構想されていた ─ 「使用できないキャラもいる」監督明かす

マーベル映画最新作『ブラックパンサー』監督のライアン・クーグラーは、本作の構想初期段階において、名ヴィランの一人、クレイヴン・ザ・ハンターの起用を望んでいたと明かした。

クレイヴン・ザ・ハンターは、主にスパイダーマンのヴィランとして知られる。スパイダーマン狩りに執念を燃やすクレイヴンは、人間であるものの薬物や秘薬の力も借りながら、素手で猛獣を仕留められるほどの怪力を持つ。ファンにはお馴染みのキャラクターだが、マーベル・スタジオはこのキャラクターの映像権を持っていないために、ライアン監督の熱望とは裏腹にMCUへの実写登場は叶わなかった。

「マーベル・ファンであれば、全キャラクターを使用したいところ。でも、契約上の問題に気付く。使用できないキャラクターもいます」とYahoo! Movies UKのインタビューに語ったライアン監督によれば、当初はブラックパンサーとクレイヴン・ザ・ハンターの大決戦を構想していたという。

クレイヴン・ザ・ハンターがずっと大好きだったんです。“クレイヴンを使ってもいい?”と尋ねた時があったのですが、答えは”いや、クレイヴンはだめだよ”ということのようで。マジかよ、と思いましたね。でも、最終的な映画の仕上がりを考えると、(仮にクレイブンが登場していたら)うまくいっていたかどうかはわかりません。これは初期段階での話ですから。」

『ブラックパンサー』ヴィランには、クレイヴンでなくアンディ・サーキス演じるユリシーズ・クロウ、そしてマイケル・B・ジョーダン演じるエリック・キルモンガーがヴィランとして登場。この結果が功を奏してか、『ブラックパンサー』はヴィランにも充分な見応えを感じる傑作として批評家から高い評価を得ている。ロサンゼルス・タイムズ誌記者はマイケル・B・ジョーダンのキルモンガーに泣かされた」「彼こそがヴィラン」、CNNレポーターは「マーベルやその他を含めて最高級のヴィラン」「登場シーンをすべて自分のものにしている」惜しみない賛辞を送っているのだ

映画『ブラックパンサー』は2018年3月1日より全国ロードショー。映画史に残るであろう新たな名ヴィランの暗躍からも目を離さないように。

Source:https://uk.movies.yahoo.com/ryan-coogler-wanted-spider-man-villain-black-panther-exclusive-133330486.html

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly