Menu
(0)

Search

『ブラックパンサー』MTVムービー&TVアワードで4部門制覇、クリス・プラットも受賞 ― 『ワンダーウーマン』はベスト・ファイト賞

ブラックパンサー
Black Panther (2018) Directed by Ryan Coogler ©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

2018年、米国をはじめ世界各国で社会現象を巻き起こした映画『ブラックパンサー』(2018)が、2018年のMTVムービー&TVアワードで4部門を制覇したことがわかった。

『ブラックパンサー』が賞を獲得したのは、ベスト・ムービー賞ベスト・パフォーマンス賞(映画部門)(チャドウィック・ボーズマン)ベスト・ヒーロー賞(チャドウィック・ボーズマン)ベスト・ヴィラン賞(マイケル・B・ジョーダン)
ベスト・ムービー賞は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)や『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)、『ワンダーウーマン』(2017)などを抑えての受賞、ベスト・ヴィラン賞は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のサノス(ジョシュ・ブローリン)や『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)のカイロ・レン(アダム・ドライバー)、そして『IT/イット』のペニーワイズ(ビル・スカルスガルド)という強豪ひしめく中でエリック・キルモンガーが選ばれたのである。

ブラックパンサー
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

『ブラックパンサー』が大きな存在感を示した一方で、DC映画『ワンダーウーマン』もベスト・ムービー賞やベスト・ヒーロー賞にノミネートされたほか、映画中盤のドイツ軍との戦闘シーンが高く評価されて「ベスト・ファイト賞」に選出されている。
なお、この部門にノミネートされていたのは『アトミック・ブロンド』(2017)や『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、『ブラックパンサー』、そして『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)だった。

同じくヒーロー映画にゆかりの深い人物のうち、MTVアワードで表彰を受けたのは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのクリス・プラットも同様だ。クリスは映画やテレビへの多大なる貢献から「ジェネレーション・アワード」に選出されたのである。
授賞にあたって、MTVは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』や『ジュラシック・ワールド』シリーズといった大作映画のみならず、ドラマ『Parks and Recreation(原題)』(2009-2015)に出演したキャリア、『ゼロ・ダーク・サーティ』(2012)や『マグニフィセント・セブン』(2016)などジャンルを選ばない多才さを評価。ちなみにマーベル・シネマティック・ユニバースの先輩であるロバート・ダウニー・Jr.は2015年に同賞を受賞している。

ちなみにドラマ作品として、『ブラックパンサー』と同等の存在感を発揮したのはNetflixドラマ『ストレンジャー・シングス』シーズン2だった。こちらは『ゲーム・オブ・スローンズ』(2011-)や『13の理由』(2017-)といった話題作を抑えて、ベスト・ショウ賞やベスト・パフォーマンス賞(ドラマ部門)(ミリー・ボビー・ブラウン)、そして“最優秀怖がり演技賞”であるベスト・フライテンド・パフォーマンス賞(ノア・シュナップ)の3部門を獲得している。

Sources: MTV(1, 2), Variety
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly