『ブラックパンサー』ついに『アベンジャーズ』超え射程に ― 3日間で米国興収2億ドル達成、予測裏切り続ける

マーベル・シネマティック・ユニバース作品の最新作、映画『ブラックパンサー』の米国興行収入が、日々の予想を超え続けている。もはや専門家泣かせとなったこの映画、どこまで到達してしまうのか……。

『ブラックパンサー』3日間で2億ドルの大台に

2018年2月19日(日本時間)の時点で、『ブラックパンサー』の2018年2月16~18日(現地時間)の米国興行収入は1億9,200万ドルとみられていた。ただし米Deadline誌などによれば、この3日間の興行収入は約2億180万ドルと驚異の大台に乗っていたという。本作の製作費は約2億ドルと推定されているため、単純計算でいえばすでに回収を終えてしまったことになる……。

この結果は、オープニング興収記録の歴代第5位という順位にこそ変化を生んでいないが、第4位の『アベンジャーズ』(2012)が保持する約2億700万ドルという記録により肉薄したことは特筆すべきだろう。ちなみに第3位の『ジュラシック・ワールド』(2015)が約2億900万ドルであることを考えると、この3作品は数字的にとても近い位置にあるといえる。

また、この「予想以上の成績」には、2月18日(日曜日・現地時間)の興収金額が想定以上だったという背景もある。専門家が1日で5,955万ドルを稼ぐと予測したところ、実際には1日で6,010万ドルを記録。日曜日の興行収入としては、『スター・ウォーズフォースの覚醒』(2015)に次いで歴代第2位の成績を示したのである。

そして気になるのは、2月16~19日という4日間の興行成績だ。米国で2月19日はプレジデント・デー(祝日)のため、劇場には多くの観客が詰めかけているとみられる。
すでにディズニーは4日間で2億3,500万ドル以上の興収を見込んでおり、これが達成されれば、4日間の記録としては『アベンジャーズ』の2億2,600万ドル、『ジュラシック・ワールド』の2億3,400万ドルという記録を抜くことになる。ちなみにDeadline誌は2億4,200~4,500万ドルの達成もありうると記しており、こちらが実現すれば『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)をも超える結果となるわけだ。

 

日々状況を変えながら、破竹の勢いで全米を席巻する『ブラックパンサー』の、初めての週末がまもなく終わろうとしている。THE RIVERでは最終的なオープニング興行成績、そして今後の展望も引き続きお伝えしていく所存だ。

映画『ブラックパンサー』は2018年3月1日より全国ロードショー

Sources: http://deadline.com/2018/02/black-panther-thursday-night-preview-box-office-1202291093/
http://variety.com/2018/film/news/black-panther-box-office-opening-1202704091/
http://collider.com/black-panther-box-office-opening-weekend-record/
©THE RIVER

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。