Menu
(0)

Search

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』は前作とは違う独自の作品?出演者が予告

ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー
©Marvel Studios 2022

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』は、ブラックパンサーティ・チャラ役を演じた故チャドウィック・ボーズマンの代役を立てずに撮影された。主役不在の続編に、不安交じりの期待を抱いているファンは少なくないと察するが、エムバク役で続投するウィンストン・デュークが続編を観るための心構えを説いている。米 Entertainment Weeklyで、「第1作と続編を切り離して考えてほしい」という趣旨の発言をしているのだ。

この映画が『ブラックパンサー』第1作のようになる、という期待を捨てることも大切です。続編は独自の作品になると思います。この物語は、すべてのキャラクターやワカンダの状況と同じように、進化して変化していますから。特に僕は、この映画を独自のものにするために、第1作と同じような作品になるという期待を捨てなくてはなりませんでした。」

そのデュークの言葉に同意するように、アッツマ役でキャストに新たに加わったアレックス・リビナリも、「続編という感じはしませんでした。独立した映画という印象ですね」とコメントしている。ということは、『ワカンダ・フォーエバー』は“第1作の続編”ではなく、「独立した新しい映画」として観賞に挑むべきなのかもしれない。

なお続編は、「国王ティ・チャラの死後、女王ラモンダやシュリ、エムバク、オコエ、そして親衛隊ドーラ・ミラージュの面々は、超大国の介入から自国を守るべく戦うことになる」と紹介されている。

続編にはデュークの他に、ティ・チャラの妹シュリ役のレティーシャ・ライト、ナキア役のルピタ・ニョンゴ、オコエ役のダナイ・グリラ、アヨ役のフローレンス・カサンバ、 エヴェレット・ロス役のマーティン・フリーマン、ラモンダ役のアンジェラ・バセットが前作から続投。新キャストとしてリビナリに加え、ネイモア役のテノッチ・ウエルタ、ナモラ役のマベル・カデナ、アネカ役のミカエラ・コール、リリ・ウィリアムズ役のドミニク・ソーンが参加する。

亡きチャドウィック・ボーズマンの遺志とレガシーを受け継ぐ映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』は、2022年11月11日より全国公開。

Source:Entertainment Weekly

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly