Menu
(0)

Search

『ブレードランナー』新作アニメの製作が決定 ― 『2049』前日譚、監督は「ULTRAMAN」神山健治&荒牧伸志

ブレードランナー 2049
(C) 2017 Alcon Entertainment, LLC., Columbia Pictures Industries, Inc. and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

リドリー・スコット監督作品『ブレードランナー』(1982)、続編映画『ブレードランナー 2049』(2017)の世界観を継承する新作アニメシリーズが製作されることがわかった。米Deadlineほか複数のメディアが報じている。

『ブレードランナー 2049』を製作した米アルコン・エンターテインメントは、2018年7月に『ブレードランナー』の世界観を書籍やコミックを通じて拡大していく方針を発表。2018年10月には、『2049』の続編となるコミックの出版が決定していた

報道によれば、このたび発表された『ブレードランナー』新作アニメシリーズのタイトルは「ブレードランナー:ブラック・ロータス(邦題未定、原題:Blade Runner – Black Lotus)」。1話30分の全13話構成で、2032年を舞台に、『ブレードランナー』シリーズのキャラクターも含めた登場人物たちによる物語が展開されるという。

『2049』公開時に発表された年表によれば、2032年の前後にあたる2030年代には「ネアンデル・ウォレスがタイレル社の遺伝子工学と記憶移植法を改良」しており、「レプリカントを従順に、制御しやすくする」技術を獲得している。あくまでこれにのっとって考えれば、『2049』でジャレッド・レトが演じたネアンデル・ウォレスが登場する可能性は高そうだ。

ブレードランナー 2049
(C) 2017 Alcon Entertainment, LLC., Columbia Pictures Industries, Inc. and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

「ブレードランナー:ブラック・ロータス」で監督を務めるのは、「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」(2002)や「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」(2004)などで知られる神山健治と、『APPLESEED』(2004)や『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』(2014)などの荒牧伸志。二人はNetflixアニメ「ULTRAMAN」(2019年4月1日配信)でも共同で監督を担当している。
またクリエイティブ・プロデューサーとして、『2049』の前日譚アニメ『ブレードランナー ブラックアウト2022』(2017)を監督した渡辺信一郎が参加。ちなみに荒牧監督は『ブラックアウト2022』でスピナーのデザインを手がけていた。

アニメーションの製作を担当するのは、荒牧監督が設立したスタジオ「SOLA DIGITAL ARTS」。『ブラックアウト2022』や「ULTRAMAN」に続いて神山&荒牧監督、渡辺氏との創作に臨む。プロデュースはアルコン・エンターテインメントのテレビ部門であるアルコン・テレビジョンと、米カートゥーンネットワークの深夜帯にあたるAdult Swim、そして日本発のアニメやマンガなどを海外配信している米Clunchyroll。日本での放送・配信形式は明らかになっていないので、こちらは続報に注目しよう。

なお『ブレードランナー』シリーズでは、『2049』の前日譚作品として、『ブラックアウト2022』のほか、『2036: ネクサス・ドーン』(2017)、『2048: ノーウェア・トゥ・ラン』(2017)が製作済み。『ブレードランナー』からの“失われた30年間”が、今後もこのように少しずつ補完されていくことになるのだろうか。

アニメ「ブレードランナー:ブラック・ロータス(邦題未定、原題:Blade Runner – Black Lotus)」の放送・配信時期は未定。なお『ブレードランナー 2049』Blu-ray&DVDは発売中だ。

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly