Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ4』製作、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』無期限保留の影響なし ― ルッソ監督が認める

アベンジャーズ
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

2019年公開の映画『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』は、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(邦題未定、原題:Guardians of the Galaxy Vol.3)』製作保留の影響を受けていないようだ。アンソニー&ジョー・ルッソ監督による発言を、米/Filmの記者ピーター・シレッタ氏が伝えている。

2018年11月28日(米国時間)、ルッソ監督は米Colliderの開催した『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』上映イベントに登場。ファンからの質疑応答に応じた。

ピーター氏が伝えたところによると、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』の製作が無期限保留となっていることは、『アベンジャーズ』第4作におけるルッソ監督のアプローチに変更を与えるものではなかったという。製作保留が決まった2018年7月の時点で『アベンジャーズ』第4作の撮影は終了していたため、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの扱いは当初のままとなっているようだ。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)写真:ゼータ イメージ

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』から、ジェームズ・ガン監督が過去の不適切な発言を理由に解雇されたのは2018年7月20日(米国時間)のこと。監督後任者の決定まで企画は無期限保留とされており、準備にあたっていたチームは解散となった。ガン監督の執筆した脚本は引き続き使用される方針のようだが、新監督によって改稿が施される可能性は高いとみられている。

こうした動きが『アベンジャーズ』第4作になんらかの影響を与えるのではないか…という懸念は、メディアやファンの間で解雇報道以来くすぶっていたものだった。2018年9月、ドラックス役のデイヴ・バウティスタが、「『アベンジャーズ4』での扱いが変わるかもしれませんね」と述べたことも話題となったのである。しかしながらルッソ監督の言葉を信じるなら、その心配は無用というわけだ。ひとまず安心して、来たる劇場公開をじっと待つことにしよう。

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』は2019年4月26日(金)公開予定。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(邦題未定、原題:Guardians of the Galaxy Vol.3)』の公開時期は未定だ。

Source: Peter Sciretta

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly