『ブレードランナー 2049』前作からの“失われた30年”の歴史が明らかに

去る2017年7月19日から23日の5日間、米国カリフォルニア州サンディエゴで開催されたサンディエゴ・コミコン。例年通り「ホール H」(6,500人収容のメインホール)では、ファンの耳目を最も集めた大手スタジオによるパネル・プレゼンテーションが開かれました。

今年一番の話題作『ブレードランナー 2049』のパネルイベントもジャレッド・レトのバーチャル映像からスタートする凝った趣向や、メインキャストの登壇、新たなフッテージの公開等で会場を埋め尽くしたファンの喝采を浴びました。中でも個人的に気になったのは、メインキャスト登壇の際にモニタに映し出されたオープニング映像。この映像の中では、前作『ブレードランナー』(1983)や『ブレードランナー 2049』の劇中スナップ写真と共に作品世界の年表が表示されたのです(しかも一瞬)。

前作の舞台となった「2019年」、そして新作の舞台となる「2049年」、この30年間にブレードランナーの世界で何が起こったのか。当然ながら今作になって初めて明らかとなった「その後のブレードランナー」設定を抜粋、和訳しましたので御覧ください。

『ブレードランナー』失われた30年間

2018
After a bloody mutiny by a Nexus 6 combat team in an Off-world colony. Replicants are declared illegal on Earth–under penalty of death.

2018年
オフワールド・コロニーでネクサス6型の戦闘チームが流血を伴う反乱を起こす。これらのレプリカント達は地球で死刑を宣告される。

2019
A prototype Replicant, Racheal, and Officer Rick Deckerd, a Blade runner, escape Los Angels, together.

2019年
試作型レプリカントのレイチェルと、ブレードランナー捜査官リック・デッカードが一緒にロサンゼルスから逃亡。

2020
After the death of founder Eldon Tyrell, the Tyrell Corporation rushes a new line of Nexus 8 Replicants onto market for use Off-world. Unlike previous Nexus models, built with 4-years lifespans, the Nexus 8s have open-ended lifespans, as well as ocular implants for easy identification.

2020年
創業者エルドン・タイレルの死後、タイレル社はオフワールド用に開発した新製品ネクサス8型レプリカントを市場へ投入。4年間の寿命しか持たなかった従来型とは異なり、ネクサス8型は寿命に制限がなく、眼球インプラントのID識別が容易に行えるようになっている。

2022 / The Blackout
An EMP of unknown origin detonates somewhere in the West Coast. Cities shut down for weeks, Electronic data is corrupted or destroyed over most of the United States.Finance and trade markets crash worldwide. Food supplies become dire.Theories spread as to the cause of the Blackout.none are proven.The most popular blame Replicants.

2022年 / 大停電
西海岸の何処かで起こった原因不明のEMP(電磁パルス)爆発により、都市は数週間にわたって機能を停止する。アメリカ全土で電子データは破損ないし破壊され、貿易および金融市場は世界規模で破綻、食料備蓄も悲惨な状況となる。大停電の原因について様々な説が出回っているが、真相はわからない。最も有力な説は「犯人はレプリカント」というもの。

2023 / Replicant prohibition
The governing authorities legislate an indefinite “prohibition” on Replicant production.Nexus 6 models are now all decommissioned due to their programmed 4-year lifespans.Surviving Nexus 8 models are to be retired.Those that can,go into hiding.

2023年 / レプリカント禁止法
統治当局は、レプリカントの製造を無期限に“禁止”する法律を制定。ネクサス6型はプログラムされた4年間の寿命により全滅、生き残っているネクサス8型も廃棄の対象となった。逃亡のチャンスがあったレプリカントは身を隠した。

2025
Idealistic scientist Niander Wallace pioneers advancements in genetically modified food and shares his patent for free, marking an end to a global crisis. His company Wallace corporation ,E&C,expands across the globe-and into Off-world colonies.

2025年
理想主義の科学者ネアンデル・ウォレスが、遺伝子組み換え食品の進歩を促進し、自らの特許を無料で公開、世界危機を終息させる。彼の経営するウォレス社(E&C)は世界中、そしてオフワールド・コロニーへも拡大成長する。

2028
Niander Wallace acquires the remains of the bankrupt Tyrell corporation.

2028年
ネアンデル・ウォレスが破産したタイレル社の資産を買収する。

2030s
Niander Wallace improves upon Tyrell’s genetic engineering and memory implantation methods to make Replicants obedient and controllable.

2030年代
ネアンデル・ウォレスはタイレル社の遺伝子工学と記憶移植法を改良。これらはレプリカントを従順に、制御しやすくすることができる。

2036
Prohibition is repealed.Wallace reintroduces a new line of “perfected” Replicants-The Nexus 9.

2036年
レプリカント禁止法が廃止される。ウォレスは自らが開発した“完璧な”レプリカント、ネクサス9型を市場へ再導入する。

Earlier 2040s
The LAPD commits additional resources to bolster its existing Blade Runner unit, tasked with locating illegal Replicants – and retiring them.

2040年代前半
ロサンゼルス市警は既存のブレードランナー捜査局を強化するための追加予算を承認。彼らは違法なレプリカントを探し出し、そして引退させる。

2048

2048年

2049
When we return to Los Angels. 30 years after the original movie, climate change has caused the sea level to rise dramatically. A massive Sea Wall has been built along the Sepulveda Pass to protect the Los Angels basin, Los Angels is even more uninhabitable than before and filled with poverty and sickness. Humans, who were not well enough to leave for the Off-world colonies, are left behind. There is no fresh food, and inhabitants survive on Wallace’s genetically modified food products sold from vending machines at street market.

2049年
オリジナルの映画から30年が経過したロサンゼルス。気候変動は海面を劇的に上昇させた。セプルベダ・パス(国道)沿いには巨大な防潮堤が建造され、盆地であるロサンゼルスを浸水から守っている。ロサンゼルスは以前よりもさらに居住に向かない環境となり、病気と貧困が蔓延している。オフワールド・コロニーへ移住できない人々は取り残されてしまった。生鮮食品は存在せず、彼らは街角の自動販売機で売られているウォレス社の遺伝子組み換え食品でその命を繋いでいる。

ブレードランナー 2049

翻訳が拙いのはどうかご容赦頂きたいですが、いかがでしょう。
かなり『ブレードランナー 2049』の核心に迫っている内容である気がするので、詳しく分析するのはやめておきますが、なんとなく2022年の出来事が物語の鍵のような……いかんいかん、いくら筆者がポンコツ予想屋でも「まぐれあたり」もないとは言えませんので。

なお今回ご紹介した内容は、パネルイベントで上映された映像では一瞬しか映りませんが、現在は『ブレードランナー 2049』のスペシャルサイト(英語)にて確認することができます。

映画『ブレードランナー 2049』は2017年10月27日より全国ロードショー

Source: http://roadto2049.bladerunnermovie.com/

About the author

1977年生まれ。週刊少年ジャンプ脳のクリーチャー愛好家。玩具コレクター。エンドレスダイエッター。「意識低い系」の文章を信条としています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。