Menu
(0)

Search

『ブレードランナー』ゲーム版、PS4・Switch・Xbox・PC向けにリマスター決定 ─ 2020年米国リリース

ブレードランナー ファイナル・カット
Blade Runner: The Final Cut © 2007 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

SF映画史上に残る名作『ブレードランナー』(1982)を基にした、1997年発売のPC向けアドベンチャーゲーム『ブレードランナー(原題:Blade Runner)』がリマスターされることがわかった。『Blade Runner : Enhanced Edition(原題)』と題される本作は、PlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switch、PC向けの作品として2020年内に米国でリリース予定。米The Hollywood Reporterが報じている。

映画『ブレードランナー』は、フィリップ・K・ディックの傑作小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作に、ハリソン・フォード主演&リドリー・スコット監督で製作されたもの。ゲーム版は2019年のロサンゼルスを舞台に、主人公の刑事レイ・マッコイが潜伏したレプリカントを捜索するというコンセプトだ。映画に見られた、酸性雨が降り注ぎ、ネオンサインに照らされた薄暗い街並みは健在。なお、物語は映画のストーリーを直接翻案したものではない。

ゲームのオリジナル版を手掛けた製作会社、米Westwood Studiosは、2003年に会社をラスベガスからロサンゼルスへ移転した際、ソースコードを紛失。そのことからリメイクすることは不可能だといわれていた。このたびのリマスター版は、旧作ゲームを数多くレストアすることで有名なゲーム製作会社「Nightdive Studios」が独自の技術によって実現させたものだ。「洗練されたプレミアムなレストア」であり、現代のワイドスクリーンに合わせた解像度のグラフィックスやアニメーション、キャラクター、ムービーシーンなど、全てがアップグレードされると伝えられている。本作の日本でのリリースについては不明だ。

なお、2019年には、本作のオリジナル版を現代のPC環境で動作するようにしたバージョンが、ゲーム配信プラットホーム「GOG.com」にてリリースされている。

あわせて読みたい

Source: The Hollywood Reporter

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly