アメコミ・イラストが目の前で!ライブドローイング・イベント『ブレイブ・アンド・ボールド Vol.2』が5月6日〜7日開催!

2016年にも開催され、大盛況となったライブドローイングイベントの『ブレイブ・アンド・ボールド』。それぞれのブースでファンとの交流展示企画や原画販売があるアーティスト・アレイやアーティストに代金を払ってお好みのキャラクターの絵を描いてもらうコミッション。そしてステージ上でアーティスト達がリアルタイムにアートを描くライブドローイングイベントがあるのが特徴となっています。

日本では珍しいコミッションによってアーティストに自分の好きなキャラクターを描いてもらえるというのは素晴らしい体験となること請け合いです。コミッションに関しては去年のレポートで筆者が直接描いてもらった例があるので、参考にご覧ください。期せずしてブースターゴールドとスキーツ、ブースターゴールドとテッドの組み合わせをコンプリートできたのは一生モノの財産と確信しています。

【イベントレポ】アーティストが目の前でアメコミ・イラストを描いてくれる!『ブレイブ・アンド・ボールド』

チケットはイープラスで購入でき、会場はJR川崎から徒歩8分の場所にある「川崎市産業振興会館」になります。

6日、7日の両方に参加する海外アーティストを紹介

これから紹介するのは5月6日と7日の両方に参加する海外アーティストです。いずれも実力派な名アーティストが揃っています。こういったイベントはまさに一期一会。筆者も去年参加した際に『OMEGAMEN』のアーティスト、バーナビー・バゲンダを前にして「お金が不安だし、今回買わなくてもまた機会があるだろう。」と意味不明な楽観主義を発揮したせいでコミッションも原画も買わなかったのを後悔する日々を送っています。『OMEGAMEN』とはグリーンランタンのカイル・ライナーの真価を活き活きと描写した上で骨太なSF革命劇をスーパーヒーローの在り方を綴った名作。このような素晴らしい作品に関わったアーティストに出会うのはかけがえのない思い出になります。

次にコミッションを頼めるのは何時になることか、という後悔をしないようにしっかりと情報収集してイベントに向かいましょう。

Michael Golden/マイケル・ゴールデン

マイケル・ゴールデン
1977年にデビューして以来、現在も一線級で活躍しているレジェンドアーティストがマイケル・ゴールデンです。手がけた作品の数はさほど多くありませんが精密さと荒々しさが両立する迫力あるタッチはトッド・マクファーレンやジム・リーにも多大な影響を与えました。長年、イベントに参加することはほとんどありませんでしたが近年になって各地のコミコンに出席するようになり、ついには初めての来日をするに至りました。

Stephanie Hans/ステファニー・ハンス

ステファニー・ハンス

ステファニー・ハンスはフランス出身のアーティストです。芸術性の高い美麗なアートを手がけており、主にMARVELで数々の美しい表紙を手がけています。2016年よりDCにも活動の場を広げ、Batmanの表紙を担当しました。

Ariela Kristantina/アリエラ・クリスタンティナ

アリエラ・クリスタンティナ

インドネシア出身で2014年の『Death of Wolverine』で鮮烈なデビューをしたアーティストです。美しい女性を描くのが大変に得意なアーティストであり、現在はAfterShock Comicsにて『Insexts』のアートを担っています。

Derrick Chew/デリック・チュウ

デリック_チュウ

今をときめくシンガポール出身のアーティストのデリック・チュウはDCWJという名義でコンセプトアートを複数、手がけた後に独立。現在はデジタルの分野において映画、ゲームなどで活躍し、サイトを運営してもいます。

Rian Gonzales/リアン・ゴンザレス

リアン・ゴンザレスS

マニラ在住のガッシュと水彩絵の具を使った可愛らしくも幻想的な色彩が印象的なアーティストです。Archie ComicsのカバーやUDONのストリートファイタートリビュートブック等で活躍しています。

TAKESHI MIYAZAWA /宮沢武史

TAKESHI MIYAZAWA

漫画タッチのコミックスタイルが特徴的なカナダ出身の漫画家&イラストレーターが宮沢武史です。『メリージェーン』、『ランナウェイズ』のアートをし、2017年現在は人気コミック『ミズ・マーベル』」のレギュラ ーペンシラーとし て活躍目覚ましいアーティストです。ゲームの絵コンテや映画のデザインといった多くのジャンルで活動しています。

CHUNG FU CHUN /鍾富春

Chung Fu Chun03_s

鍾富春は2013 年に大渡出版へ移籍した香港のイラストレーターです。 80 年代に一世を風靡した超人気漫画『中華英雄』のリメイク版や『戦譜』、『極度川流』などを作 画しています。繊細な絵柄でいながら独特な雰囲気を放っているのが人気の秘訣となっています。 2017 年夏に初画集である『 The Art of AE86 』が発売予定となっています。

RENEE WITTERSTEATTER/リネ―・ウィッターステッター

ライターであり、カラリストであり、編集者であり、アーティストエージェントという多彩な経歴を持つのがリネ―・ウィッターステッターです。DCとMARVELの両方で活躍しており、スーパーマンやシーハルク、シルバーサーファー等の編集をしています。数百万冊の売り上げを達成したロブ・ライフェルドの伝説的作品『X-Force』にも関わっていました。

豪華国内アーティストも参加

6日、7日両方参加

西川伸司

西川伸司_s

前回も参加した西川伸司は『YAT安心! 宇宙旅行』、『ゴジラVSメカゴジラ』での活躍が代表的です。新メカゴジラの機龍をデザインしたことでも知られており、ゴジラファンにはたまらないアーティストです。

横田守

横田守

横田守は90年代を代表するアーティストで『魔法戦士リウイシリーズ』、『ベン・トー』などに関わっています。現在も活躍しており『ガッチャマン クラウズ』にも参加しました。

羽山淳一

羽山淳一02

アニメーターの羽山淳一は『輪るピングドラム』と『ドキドキプリキュア』で原画を、『北斗の拳2』で作画監督をし、近年でも『タイガーマスクW』のアクション作画監督として活躍しています。

西位輝実

西位輝実_s

『ジョジョの奇妙な冒険ダイヤモンドは砕けない』や『蟲師続章』等で活躍し、映画『心が叫びたがってるんだ。』の原画と劇場版『はいからさんが通る』のキャラクターデザインも担当しました。

白井影二

白井影二_s

『サムライスピリッツ』や『風雲タッグバトル』といった格闘ゲームのキャラクターデザイン等で活躍してるイラストレーターです。現在は米良仁という名義で時代劇漫画も手がけています。

津島直人

津島直人s

『トランスフォーマーシリーズ』、『機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛』、『ゲッターロボ飛焔 〜THE EARTH SUICIDE〜 』を描いている漫画家です。

平林知子

イラストレーターで『魔女・魔法使い大図鑑』や『妖精大図鑑』を執筆しています。サイトも運営中です。

坂本勇人

『トランスフォーマークレオシリーズ』や『Botcon2014』でアーティストとして活躍している新鋭漫画家です。

6日のみ参加予定

フランク(茶谷与志雄)

アメコミ好きを公言しており、『バットマン・アニメイテッドシリーズ』、『スパイダーマン』、『スポーン』といった海外作品にも参加し、『Son of Batman』でも原画を担当しました。

7日のみ参加予定

馬越嘉彦

馬越嘉彦

『キャシャーンSins』、『蟲師』、『ハートキャッチプリキュア!』キャラクターデザイン、『プリキュアオールスター』映画でもキャラクターデザインとして活躍しています。

アオガチョウ

アオガチョウ

デジタルアート世界選手権「LIMITS World Grand Prix」初代優勝者という実績を持つイラストレーターです。個展等も開き、アートの分野で精力的に活動しています。

白浜鴎

白浜鴎

主な作品は『エニデヴィ』と現在連載中の『とんがり帽子のアトリエ』な漫画家です。アメコミではヴァリアントカバーの分野でも活躍しており、日米問わず大躍進をしております。

館尾冽

館尾冽_s

アメコミに関する造詣も深く、『フルメタル・パニック!』や『エンドレスエデン』といった作品を描き、挿絵やキャラクターデザインの分野でも活躍しています。

まつむらあさみ

まつむらあさみ

『Josie and the pussycat`s,Little Archie』の バリアントカバーなどを手がけ、イラストオリジナルグッズ制作の分野でも活躍中です。

同じイベントが次に開かれることがあっても、この参加者が揃うのは一度限り。参戦するアーティストも国内外問わず豪華な顔触れです。自分が希望するアートを描いてもらうコミションといった貴重な機会もあるので、迷っている方は是非とも参加してみましょう。

『ブレイブ・アンド・ボールド Vol.2』
日時:2017年5月6日14:30~20:30 〜 5月7日 10:30~19:00
場所:川崎産業振興会館4F/神奈川県川崎市幸区堀川町66−20
チケット:5月6日2,000円5月7日3,000円
公式サイト: http://braveandboldart.com/

※この記事のイラストは全てイベントスタッフの許可を得て使用しています。

About the author

ライター、翻訳の小村健人です。アメコミは主にスーパーマン、フラッシュ、アクアマン、ブースターゴールド、ジャスティスリーグ、バットマンとそのファミリー誌を主に追っており、原書の知識もあります。カートゥーン、洋ドラも視聴。アメコミ記事を描くことが多いですが、何分まだ若輩者ですので知識に穴があるようでしたらコメント欄でお知らせいただけると幸いです(できればどのアークに収録されているかも教えていただければさらに幸いです)。

salarmko@outlook.jp

お仕事の依頼はこちらへ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。