海外ドラマ『GRIMM/グリム』衝撃のシーズン5突入!キャストからのコメントが到着

海外ドラマ『GRIMM/グリム』シーズン5が、いよいよ2017年5月19日(金)より「海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV」にて放送される。シーズン4での急転を経て、さらなる展開を迎えるシーズン5を控え、出演者がシーズン5について語ったインタビューが到着した。

出演者が語る『GRIMM/グリム』シーズン5

ドラマ『GRIMM/グリム』は、グリム童話をベースにしたダーク・サスペンス。童話で知られるグリム兄弟の家系は、人間の姿であたりに潜む魔物(ヴェッセン)たちの正体を見抜くことができる。自分がグリムの末裔であると聞かされた刑事ニック・ブルクハルト(デヴィッド・ジュントーリ)は、その能力を活かして、ヴェッセンの関わる事件に挑んでいく……。

(c) 2015 Open 4 Business Productions LLC. All rights reserved.

(c) 2015 Open 4 Business Productions LLC. All rights reserved.

主人公ニックと、彼を取り巻く人々

シーズン4のラストで、主人公のニックは母親を失い、さらに恋人のジュリエット(ビッツィー・トゥロック)すら謎の男たちに奪われてしまった。しかしニック役のデヴィッドは、「事態はニックにとってさらによくない方へ向かっていく」と話しており、シーズン5がさらに過酷な内容になることを明かしている。

「今シーズンのニックは、これまでにないほどの激しい怒りで復讐心に燃えている。刑事としての捜査手順なんて考えずにグリムとして復讐を果たそうとするんだ。ドラマが始まった頃のニックは99%が刑事で1%がグリムだったけど、今は完全に逆になったんじゃないかな。刑事であることなんてお構いなしに、ただ血の復讐に燃えているんだ」

そんなニックを支える人物の一人が、ニックの上司であるレナード警部(サッシャ・ロイズ)だ。

(c) 2015 Open 4 Business Productions LLC. All rights reserved.

(c) 2015 Open 4 Business Productions LLC. All rights reserved.

ロイズは、自らがシーズン5で務めた役割をこう話している。

「レナードはニックが冷静になって何が大切かを思い出せるように手助けをする。所轄する警察署をまとめるためにも、ニックが平常心を取り戻せるようにしてやらなければいけないんだ。組織として体制を1つにまとめることが必要だからね。レナードはチームとして団結する必要性を一番に考えている。その一方で、レナードは密かな野心をもっていて、常に何かを企んでいる人間だから、その点でもグリムを制することが重要になるんだよ」

またシーズン5の見どころは、ニックの宿敵だったアダリンド・シェイド(クレア・コフィー)が、ニックの子供を出産し、彼と共同生活を始めるところでもある。

(c) 2015 Open 4 Business Productions LLC. All rights reserved.

(c) 2015 Open 4 Business Productions LLC. All rights reserved.

「ニックはどうしようもないくらいのどん底にいるの。最愛の人を失って母親も亡くしたんだもの。一方のアダリンドは娘が連れ去られたままでひとりぼっちだから、お互いに悲惨な状況にいる中で、2人の間には絆のようなものが生まれるんじゃないかしら。子供の存在が物事をシンプルにしてくれるの。2人のこれまでの関係や抱えていた問題は後回しにして、目の前にいる子供との生活を大切にしなきゃいけない」

アダリンドを演じるクレアがこう話す一方、ニック役のデヴィッドは「ニックがアダリンドを殺さないのは子供が誕生したからだよ」と述べている。シーズン5は、ニックの母親の死、新たな生命の誕生という大きな出来事から物語がその幕を開けるのだ。アダリンドの思惑、そして二人の関係にも注目したい。

魔物たちの暴動、そのとき人間たちは

また『GRIMM/グリム』シーズン5の大きな軸となるのが、予告映像でもその脅威が十分にうかがえる“魔物(ヴェッセン)たちの暴動”である。これまでのシーズンで主人公ニックを支えてきたヴェッセンのモンロー(サイラス・ウェイア・ミッチェル)、その妻であるロザリー・カルヴァート(ブリー・ターナー)は、そのさなかで葛藤することになるという。

(c) 2015 Open 4 Business Productions LLC. All rights reserved.

(c) 2015 Open 4 Business Productions LLC. All rights reserved.

モンロー役のサイラスは、モンロー&ロザリー夫婦の心境をこう説明している。

「ロザリーとモンローはある意味、ヴェッセンによる暴動の発端にいるんだ。2人は自分を偽ることなく本来の姿のままでいたいと潜在的に感じているからね。何世紀にも渡って続いてきたヴェッセンの伝統が人間によって覆されて、ヴェッセンの世界は切り離されて人間社会の中で生活しなければならなくなった。その事実を受け入れて、ヴェッセンでありながら人間のようにふるまわなければいけなくなったんだ。それでも、誰もが無意識に感じることがあるように、やっぱりヴェッセン本来の世界で暮らしたいと思ってる。もうこれ以上は影の存在ではいたくないって思っているんだ」

一方、ニックのパートナーである刑事ハンク・グリフィン(ラッセル・ボーンズビー)は、シーズン5で起こる“ニックの不在”を受けて、ウー巡査部長(レジー・リー)とともに本格的に動き出すことになるという。

(c) 2015 Open 4 Business Productions LLC. All rights reserved.

ハンク (c) 2015 Open 4 Business Productions LLC. All rights reserved.

ハンク役のラッセルは「ニックがいなくてもできることをやるんだ。だから怖れている暇はない。街の安全が脅かされているんだから、やるべきことをやらなければいけない」と話している。シーズン4で仲間に加わったウー巡査部長も、今シーズンではさらなる活躍を見せることになりそうだ。演じるレジーは「勇気を持って一歩踏み出さなきゃいけない。警察の力が及ぶ範囲では強くならなきゃいけないと考えるようになるんだ。たくましくなりたいし、グリム・チームの一員になることを怖がっていたくはない。自分の力を試したいんだ」と述べているが……もしかして、今シーズンのキーパーソンになったりする?

祝100回、物語はいよいよ佳境へ

ドラマ『GRIMM/グリム』は、シーズン5の途中で記念すべき放送第100回に到達する。今回コメントを寄せてくれたキャスト陣も、シーズン5を迎えられること、第100回に到達することを一様に喜んでいるようである。なかでもモンロー役のサイラスは、今シーズンの出来映えにも自信をにじませた。

「今シーズンは過去最高のシーズンになるってみんなが言うように、すごくいいシーズンになると僕も思ってるんだ。前のシーズンは6つのストーリーが別々に展開していったけど、今回は2つのストーリーに絞られて、登場人物全員をヴェッセンの暴動という1つの大きな出来事へと駆り立てていく。それに、登場人物それぞれが余波を受けるような展開が待ち受けていて、全員が事件に巻き込まれることになる。よくできたストーリーになっているよ」

なお『GRIMM/グリム』は、すでにシーズン6をもってシリーズが完結している。いわば、まもなく放送が始まるシーズン5は新展開にして佳境というわけだ。これからどこまで続くかわからないシリーズではないため、まだ一度も見たことがないという方でも、これをきっかけに視聴を始めやすいタイトルだといってもいいかもしれない。シーズン1からシーズン3はAmazonプライムビデオとhuluでも配信されている(2017年4月30日現在)ので、まずはちょこっと予習してみて、来るシーズン5に備えるのもよさそうだ。気になる方は、ひとまず公式ウェブサイトをご覧あれ!

「GRIMM/グリム シーズン5」
海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV にて、
5月19日(金)22:00より独占日本初放送!
(c) 2015 Open 4 Business Productions LLC. All rights reserved.

About the author

1989年生まれ。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはわかりづらいまま、少しだけわかりやすくしてお届けできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。