EU離脱でイギリス映画界に重大危機 役者や映画業界人らも反発する理由とは

2016年6月23日(現地時間)、イギリスがEUから離脱するか残留するかの是非を問う国民投票が行われた。結果は残留支持が約48%、離脱支持が約52%で、これからイギリスはEUと最低2年間の離脱交渉に入ることになる。

この結果は、映画・テレビ業界にも影響を与えるものだ。


米国インディペンデントフィルム&テレビジョン・アライアンスで会長を務めるマイケル・ライアン氏は、イギリスのEU離脱は業界に大打撃だとして、「われわれの土台を吹っ飛ばした」とすら発言している。「そこまで言う?」という感じだが、事態は相当重たいようだ。

今回は、イギリスのEU離脱がこれからの映画・テレビ業界にどんな影響を与えるかを見てみることにしよう。

業界人の抵抗むなしく

イギリスにおいて、映画・テレビなどのクリエイティブ産業は経済に大きく貢献しており、2013~2014年には1,170億ドルの経済効果を生み出した。現在、ヨーロッパはイギリスのクリエイティブ産業にとって最大の輸出市場であり、全取引の57%を占めているという。

それゆえイギリスのクリエイティブ業界には、EU離脱への反対運動を起こした者も少なくない。

たとえば、製作会社ワーキング・タイトルのティム・ビーヴァンら映画プロデューサーたちは、EUへの残留を政府に訴えた。メンバーには、バーバラ・ブロッコリ&マイケル・G・ウィルソン(『007』シリーズ)、イアン・カニング(『英国王のスピーチ』)、マシュー・ヴォーン(『キングスマン』)らが名前を連ねている。

また先月には、ベネディクト・カンバーバッチ、キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウら250人以上がEU離脱に反対する声明を発表した。声明文には、「私たちの創作の世界的成功はいとも簡単に脅かされてしまいます。小さなギャラリーから高予算のプロジェクトまで、私たちが関わったプロジェクトの多くは、国境を超えた資金調達やコラボレーションがなければ成立しなかったものです」と記されていた。

http://www.bbc.com/news/uk-politics-eu-referendum-36338220

http://www.bbc.com/news/uk-politics-eu-referendum-36338220

これら業界人の危惧は、EU離脱が業界に悪影響をもたらす可能性をそのまま説明しているといえるだろう。すなわち、「資金調達」と「コラボレーション」こそが今回のキーワードだ。

イギリス映画に重大な危機、その理由とは

①資金調達が難しくなる

これまでイギリスは、映画・テレビ・デジタルメディアに対するEUの資金提供団体から補助金を受けてきた。たとえば2007~2013年には合計約1億ユーロが支給されている。2014~2015年には、222の企業・組織(52の映画館を含む)に対する支援、およびイギリス映画84本をヨーロッパで配給するために4,000万ユーロ以上が支給されたという。2016年カンヌ映画祭でパルムドールを受賞した『アイ、ダニエル・ブレイク』(ケン・ローチ監督)も、同じくEUから補助金を受けて製作されたものだ。

イギリス映画界は、EUからだけでなく、ハリウッドや国営宝くじによる経済支援も受けているという。それでもEUからの補助金が打ち切られると、資金調達は今までよりも難しくなるだろう。そうなれば、イギリス映画の製作、およびヨーロッパでの配給に大きな影響が出ることは避けられない。

『アイ、ダニエル・ブレイク』(ケン・ローチ監督) http://www.huffingtonpost.co.uk/entry/ken-loach-i-daniel-blake_uk_573775eae4b01359f686f390

『アイ、ダニエル・ブレイク』(ケン・ローチ監督)
http://www.huffingtonpost.co.uk/entry/ken-loach-i-daniel-blake_uk_573775eae4b01359f686f390

②国境を超えたコラボレーションに『足かせ』

EU加盟国では人・物・サービス・資源の移動が自由化されている。人は自由に出入国ができるし、国境を超えた物の移動も関税の対象にはならない。

イギリスがEUから離脱し、その他EU諸国のあいだに関税などの障壁がふたたび生じた場合、まず人の出入りがスムーズではなくなる。EU諸国からイギリス、またイギリスからEU諸国へ俳優・スタッフが移動するにはビザと労働許可証が必要になるのだ。機材や車両などの輸送も今ほど簡単ではなくなるだろう。国境を超えたコラボレーションが難しくなるのは、こうした理由のためである。

さらに、国境を超えて物を移動させることのハードルが高くなれば、映画を輸出入する機会が減る可能性もある。過去10年間でイギリス映画の40%がEU諸国に輸出されたことを考えると、事態を重くとらえるのも納得できるというものだ。

名優マイケル・ケインはEU離脱に賛成派。 http://www.express.co.uk/news/politics/637024/Sir-Michael-Caine-Brexit-EU-referendum-faceless-dictators

名優マイケル・ケインはEU離脱に賛成派。
http://www.express.co.uk/news/politics/637024/Sir-Michael-Caine-Brexit-EU-referendum-faceless-dictators

EU離脱、その後

イギリスがEUを離脱した場合、EU加盟国と貿易をつづけるには再び協定を結び直さなければならない。

たとえば、アイスランド・ノルウェー・リヒテンシュタインが参加する欧州経済領域(EEA)に新たに加われば、イギリスは再びEUの単一市場に参入することができる。しかし、EEAの参加国がEU加盟国と貿易を行う際にはEUの法律に従わなければならず、しかもEEAの参加国はEUの政策決定にはほとんど関与できないという。

一方でEEAのような枠組みを利用しない場合、イギリスは各国と二国間協定を結び直すことになる。しかし、これには大きな手間と時間を要するため、その間の世界経済にどんなことが起こるかはわからない。

『不安定』こそが危機

本記事に記したことは、今のところすべて予測にすぎない。本当にイギリスがEUを離脱するかどうかもまだわからない。いきなりイギリス映画が作られなくなったり、外国で配給されなくなることはおそらくないだろう。

それでも確実なのは、こうした予測が可能になるほど、現在のイギリスが非常に不安定な状況にあるということだ。そして、この不安定な状況はいつまで続くかわからない。それは、すなわち業界がつねに最悪の状況を想定しなければならないということだ。たとえば映画・ドラマ業界の場合なら、あらかじめ数年間の計画をしっかり固めることになるだろう。危機はいきなり襲いかかってくるのではなく、すでに少しずつ忍び寄ってきているのかもしれない。

source:
http://www.screendaily.com/territories/uk-ireland/eu-referendum-result-devastating-for-uk-film-and-tv/5106192.article
https://variety.com/2016/biz/global/brexit-seven-likely-consequences-u-k-film-tv-industry-1201803039/
http://www.hollywoodreporter.com/news/brexit-is-major-blow-film-906085
https://www.theguardian.com/film/2016/jun/24/less-cash-fewer-movies-meltdown-how-brexit-may-affect-the-british-filmhttp://diamond.jp/articles/-/93510

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。