マーベル社長『キャプテン・マーベル』主演のブリー・ラーソンは「すべてを兼ね備えている」と絶賛!『インフィニティ・ウォー』には参戦せず!

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)で初めてのスーパー・ヒロイン・ムービー『キャプテン・マーベル』。「サンディエゴ・コミコン」で、ついに主演女優が発表された。タイトル・ロールであるキャロル・ダンバース/キャプテン・マーベルを演じるのは、『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したブリー・ラーソンだ。

マーベル社長が絶賛、ブリー・ラーソンも気合十分

コミコンでの発表後、マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギ氏は今回のキャスティングについての感想を語った。

「トニー・スターク役にロバート・ダウニー・Jr.をキャスティングした時、我々のスタジオはとても高いハードルを設けてしまいました。それ以来私たちは、キャスティングの際にはいつも『ハードルを越えられているか?』と自問しています。なぜならそれこそが我々に求められていることだからです。キャロル・ダンバースは、マーベルのキャラクターのうち最も豊かで、複雑で、現実的でなければなりません。なおさらハードルは上がります。我々が本当に幸運だったのは、そうした性質のすべてを兼ね備えた、いまやアカデミー賞女優のブリー・ラーソンが、このキャラクターを生きることにすごく興味を示してくれたことです。」

またファイギ氏は「(ラーソンが)キャラクターと恋に落ちてくれた」とも述べている。初めての女性主人公とあって、マーベル・スタジオとしても入魂のキャスティングだったのだろう。

またコミコンでの発表があった同日、ラーソンは自身のTwitterで「Call me Captain Marvel.(キャプテン・マーベルと呼んで)」とツイート。頭にはマーベル・スタジオのキャップを被っており、すでに気合は十分のようだ。

なお『キャプテン・マーベル』を監督する人物はまだ選定中とのこと。候補者は10人まで絞りこまれており、夏のうちには決定される見込みだ。またファイギ氏は、キャプテン・マーベルが『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(原題)』第1部に登場するという噂を否定している。キャプテン・マーベルの顔見せは単独作品までお預けとなりそうだ。

『キャプテン・マーベル』は2019年3月全米公開予定

source:http://www.comicbookmovie.com/captain_marvel/confirmed-brie-larson-is-playing-captain-marvel-new-movie-logo-a143821
http://comicbook.com/2016/07/24/kevin-feige-explains-the-choice-of-brie-larson-for-captain-marve/
http://www.cinemablend.com/news/1537909/why-brie-larson-was-perfect-for-captain-marvel-according-to-kevin-feige
http://www.comingsoon.net/movies/features/705659-comic-con-kevin-feige-directors-and-stars-on-the-marvel-cinematic-universe#/slide/1

Eyecatch Image:http://wallpapersdsc.net/celebrities/brie-larson-11005.html

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。