Menu
(0)

Search

「ブレイキング・バッド」ブライアン・クランストン、「ベター・コール・ソウル」エピソード監督の依頼を受けていた

ブレイキング・バッド
© AMC 写真:ゼータ イメージ

ドラマ「ブレイキング・バッド」(2008-2013)にてウォルター・ホワイト役を演じたブライアン・クランストンが、弁護士ソウル・グッドマンの前日譚を描くスピンオフシリーズ「ベター・コール・ソウル」(2015-)の監督依頼を受けていたのだという。米Colliderのインタビューにて、本人が語った。

「ブレイキング・バッド」にてエピソード監督を務めた経験のあるクランストンは、「シーズン毎にエピソード監督を務めるように頼まれていました」と明かしている。ところが、そのつどスケジュールの都合により断念せざるを得なかったようだ。「依頼が来た時は他の演劇や映画などに専念していた為、引き受けることが出来ませんでした。ただ、番組自体は凄く気に入っていますよ。素晴らしいと思います」。

「ベター・コール・ソウル」は現在、ソウル・グッドマンがウォルター・ホワイトと出会うまで残り約4年に迫っているところ。完結作となるシーズン6の撮影準備が既に進められていることから、クランストンが監督として参加する望みは薄そうだ。しかし、ウォルター・ホワイト役としての復帰に関しては、果たしてどんな風に考えているのだろうか。「製作総指揮を務めるヴィンス・ギリガンとピーター・グールドが望むのであれば、絶対にやりますよと気合十分の様子。「しかし、まだ実現に至っていません。どうなるのかはわかりませんね。ただ、もう1シーズン残っているので、それに期待しましょう!」。

なお、実際にギリガンは以前「是非、ブライアンにエピソード監督を務めて欲しいです」と語っていた。「(『ブレイキング・バッド』にて)ブライアンが監督を務めたエピソードの脚本を書かせて貰ったことがあります。彼とはそれで毎日、同じ現場にいました。本当に素晴らしい経験でしたよ。彼は最高の監督です」。

あわせて読みたい

Source:Collider , Screen Rant

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly