Menu
(0)

Search

伊坂幸太郎『マリアビートル』ハリウッド映画化、『デッドプール2』監督就任 ─ 『イコライザー』フークアも製作参画

マリアビートル 伊坂 幸太郎(著/文) - KADOKAWA

伊坂幸太郎の小説『マリアビートル』を原案とするアクション・スリラー映画が『Bullet Train』の名でハリウッドで実写化されることがわかった。Varietyなどが伝えている。

監督として起用されたのは、『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)『デッドプール2』(2018)『アトミック・ブロンド』(2017)などのアクション映画で知られるデヴィッド・リーチ。プロデューサーには、『イコライザー』シリーズや『マグニフィセント・セブン』(2016)などの監督で知られるアントワーン・フークアが就任している。ほか、『アトミック・ブロンド』ケリー・マーコミックも参画。『マリアビートル』をベースに執筆する脚本を、リーチ監督がリライト予定とされている。

『マリアビートル』は、殺し屋ばかりを乗せた東北新幹線を舞台に描くスリラー作品。日本で実写化もされた『グラスホッパー』の続編となっている。2010年に角川書店より発行されている。映画版のタイトルとして伝えられる『Bullet Train』は新幹線の意味だ。

米配給はソニー・ピクチャーズ。同社は、同じく日本の作品が原作の『ワンパンマン』の実写化も進行中。

監督のデヴィッド・リーチ、プロデューサーのアントワーン・フークアは共に現代アクションの名手として知られる。疾走する新幹線を舞台に、伊坂幸太郎の作品がハリウッドでどう映像化されるかに期待したい。キャスティング情報も気になるところだ。

Source:Variety

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly