Menu
(0)

Search

『死霊のはらわた』新作、『Evil Dead Rise』へ改題か ─ 森の小屋から舞台移す、ブルース・キャンベルが予告

死霊のはらわた リターンズ
© 2018 Starz Entertainment LLC. All rights reserved.

スプラッター・ホラーの金字塔『死霊のはらわた』シリーズ、新作映画のタイトルが『Evil Dead Now(原題)』から『Evil Dead Rise(原題)』に変更されたことがわかった。シリーズのプロデューサーであり、主人公アッシュ役を演じてきたブルース・キャンベルが明かしている。

2020年6月上旬にキャンベルは、シリーズの生みの親サム・ライミも製作として参加する新作企画の監督・脚本に『ホール・イン・ザ・グラウンド』(2019)のリー・クローニンが起用されたことを明かしていた。その際、タイトルが『Evil Dead Now』であることを伝えていたのだ。

それから約2週間後、米Diabolique Magazineによるインタビューで新たな情報について訊かれたキャンベルは「正式なタイトルは、『Evil Dead Rise』です」と発言。続けて「新しい草案を受け取ろうとしているところです」と進捗を語った。タイトル変更に至った経緯は不明だが、ストーリーの方向性に変化が生じた可能性も考えられそうだ。

新作企画では、2013年版『死霊のはらわた』と同じく女性が主人公となり、キャンベル演じるアッシュは登場しないことが分かっている。今回キャンベルは物語の内容に踏み込んだ発言を避けたものの、「全く新しいものになります。もう森の中の小屋では行われません」と新路線でのストーリー展開を示唆した。「全力で取り組んでいるので、とてもワクワクしています」。

『死霊のはらわた』シリーズは、1981年に第1作、1987年に第2作『死霊のはらわたII』、1993年に第3作『キャプテン・スーパーマーケット』が製作された。その後、2013年にはリメイク版映画『死霊のはらわた』、2015~2018年にはオリジナル版映画の30年後を描く続編として、ドラマ「死霊のはらわた リターンズ」が放送されている。新作企画は初期段階にあるとみられており、キャンベルは「2021年まで何も進まない」とも語っているため、製作開始はまだ先になりそうだ。

あわせて読みたい

Source: Diabolique Magazine

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly