『ブギーナイツ』俳優バート・レイノルズ氏が死去 ― タランティーノ新作映画は未撮影

『脱出』(1972)や『ロンゲスト・ヤード』(1977)、『トランザム7000』(1977)、『キャノンボール』(1981)など1970~80年代に数多くの映画で活躍した人気俳優バート・レイノルズ氏が、2018年9月6日(木曜日、米国時間)に死去した。82歳だった。

レイノルズ氏はアメリカンフットボールの世界で活躍し、その後俳優に転身。アクション映画などを中心に、時代の最前線を走るトップスターとして高い人気を確立した。1980年代後半からはプライベートのトラブルも多く、全盛期ほどの活動を示していなかったが、1997年『ブギーナイツ』でアカデミー助演男優賞にノミネートされ、数々の映画賞を受賞した。『007』のジェームズ・ボンド役、『スター・ウォーズ』のハン・ソロ役などを断っていたことがのちに語られた人物でもある。

バート・レイノルズ(1991年撮影) Photo by Alan Light https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Burt_Reynolds_1991_cropped.jpg


このたびの訃報に際して、ハリウッドではレイノルズ氏を悼む声が相次いでいる。アーノルド・シュワルツェネッガーやシルベスター・スタローン、アダム・サンドラー、イライジャ・ウッド、ジョシュ・ブローリン、デヴィッド・ハッセルホフ、『ベスト・キッド』シリーズのラルフ・マッチオ、そのエドガー・ライト監督などが、SNSを通じてメッセージを発信しているのだ。

またレイノルズ氏は、クエンティン・タランティーノ監督の次回作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(邦題未定、原題:Once Upon a Time in Hollywood)』に出演、チャールズ・マンソンに土地を貸した老人ジョージ・スパーン役を演じるはずだった。
ただし米Varietyによれば、レイノルズ氏の撮影は2018年9月末より開始される予定だったため、同作の撮影には参加していなかったという。レイノルズ氏の姪であるナンシー・リー・ヘス氏は、声明の中で、レイノルズ氏がタランティーノや出演者との仕事を楽しみにしていたことを明かしている。なお、同作に関する今後の対応は不明だ。

Sources: Variety(1, 2, 3, 4
Eyecatch Image: Photo by Alan Light Remixed by THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。